2017年度ソムリエ試験 過去問

2017年度ソムリエ試験問題 過去問22|日本ワイナリーの歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

日本ワインの歴史に関する記述のうち、正しいものを次の中から1つ選び、解答 欄にマークしてください。(レベル4)

 

1.  1830年代に甲府で本格的ワインつくりを始めた

2.  1926年、山梨県のワイナリーは319軒に達した

3.  1927年には、マスカット・ベーリーAやブラック・クイーンなどの日本独自 の改良品種が山梨県で開発された

4.  1980年代に農作物貿易が自由化になりバルクワインの輸入が激増した

 

文献参考:日本ソムリエ協会

解答を見る

次の問題を見る→

←前の問題を見る

 

試験問題一覧を見る


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→