ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

アランビュルゲとは?特徴と歴史、基礎知識

アラン ビュルゲ氏が、ジュヴレ シャンベルタンを本拠地として1974年に設立した同名のドメーヌです。

同じブルゴーニュのジルビュルゲ氏はアランビュルゲ氏の兄です。

 

設立当時はわずか2.1haを借りる形でのスタートでした。

現在は徐々に畑を買い足し、6.2ha程所有しています。

また近年、グランクリュであるシャンベルタン クロ ド ベーズも購入し、ジュヴレシャンベルタンを代表する造り手へと成長していきました。

兄のジルビュルゲ氏は廃業し、弟のアランビュルゲ氏は期待のドメーヌへ・・・。

人生何があるかわからないものです・・・。

 

アランビュルゲ

ジュヴレシャンベルタンの期待のドメーヌ

ジュヴレシャンベルタンにおける有機栽培の先駆者的存在で、1977年からリュットレゾネを導入し、「自然との共存」というコンセプトを掲げています。

認証は取得していませんが、除草剤や防腐剤を使用せず、有機肥料のみを使用。

樹齢の高い樹から低い収量でブドウを収穫しています。

100%除梗を行い、自然酵母のみを使用して発酵、その後アリエ産の樽で熟成し、無清澄、無濾過で瓶詰めされています。

醸造段階での人的介入を極力減らし、テロワールを表現したワインを生産しています。

 

ワイナリーの歴史

1964年からアラン ビュルゲ氏は父の下で働きながら、1972年に初めて2樽分の自身のワインを生産します。

そして1974年にドメーヌ アラン ビュルゲを設立しました。当時造ったワインはネゴシアンにも販売していましたが、1998年からはすべてをドメーヌ元詰めにしました。

前述のように1977年からリュットレゾネを実践してきましたが、2012年からはビオロジック、2013年からはビオディナミへと移行しました。

2006年からは、息子であるエリックとジャン リュックの兄弟が当主を引き継ぎ、ワイン造りを行っています。

2009年から、待望のグランクリュであるシャンベルタン クロ ド ベーズをリリースし、これからも目が離せない造り手の一人です。

 

ワイナリーの評価

マット クレイマー氏が自身の著書で、「村名ジュヴレ シャンベルタンでは最良の造り手である。骨組みが濃密でめりはりと気品がある。」と評しています。

 

またアラン ビュルゲがまだグランクリュを所有していない時代に、評論家ロバート パーカー氏が、

「そのワインは衝撃的で、もしグランクリュを持っていたら5つ星だ」

と評したことからその品質の高さが伝わります。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。