ワイン用語集フランスワインシャンパーニュの生産者シャンパーニュ地方生産者

アルフレッドグラシアン シャンパーニュとは?その特徴と歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

アルフレッド グラシアン(ALFRED GRATIEN)はエペルネに設立されたメゾンです。

約65ものブドウ栽培農家と契約しており、それらから約50ha分を供給されています。

また栽培農家との連携を密にとっています。

出来上がったワインの品質を共にチェックし、研修や懇親会を開くなど、原料であるブドウの品質向上にも余念がありません。


 

アルフレッド グラシアン

すべてのワインを樽で発酵・熟成

アルフレッド グラシアンは、全てのベース シャンパーニュを樽で発酵、熟成をしている珍しいメゾンです。

使用する樽は、5年以上使用された古樽をシャブリの生産者から購入しています。

発酵、熟成に樽を使用することで、適度な酸化がもたらされます。

さらにワインに円熟さを与え、また樽成分が溶出されることで抗酸化作用も発生します。

バトナージュマロラクティック発酵は行わず、「旨味のある酸味」を大事にしています。

小規模生産者であるため手作業が中心で、ルミアージュも手作業で行っています。

 

スタンドード キュヴェはブリュットで、4~6年瓶内熟成をしてから出荷されます。

毎回ブレンドされるリザーヴ ワインは少なめで、ヴィンテージ シャンパーニュのような高い品質です。

他にはブラン ド ブランやブリュット ナチュールも生産しており、プレステージはキュヴェ パラディです。

パラディとは「天国」の意味で、その名の通り至高のシャンパーニュとして評価されています。

 

ワイナリーの歴史

1864年に、23歳のアルフレッド グラシアン氏が設立しました。

同年に、フランス、ロワール地方のソーミュールにもスパークリングワインの醸造所を設立しています。

1874年には新しくアルベール ジャン メイエ氏をパートナーに招き入れ、社名をグラシアン エ メイエに変更しました。

1905年以降セラー マスターは、ジェジェ家が行っています。現在のセラーマスターは2007年に就任した二コラ ジェジェ氏です。

 

プレステージ商品のキュヴェ パラディはフランスの大統領官邸であるエリゼ宮に納品され、公式晩餐会で使用されている格式高いシャンパーニュです。

サルコジ大統領夫人もキュヴェ パラディを愛飲しているなど、セレブから高い評価を得ています。