ワイン用語集スペインワイン

アリカンテ ワインとは?特徴とブドウ品種

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

アリカンテ(ALICANTE)は、スペイン東部のヴァレンシア州にあるワイン産地です。

ヴァレンシア州では最南端のワイン産地であり、地中海沿いに位置しています。

 

2つのサブゾーンに分かれており、内陸側はアリカンテ、地中海側はラ マリーナと呼ばれています。

アリカンテは暑い夏と穏やかな冬な地中海性気候を持ちます。多くのブドウ畑は標高600m程に位置しており、年間降水量は300~500mmと比較的乾燥しています。

土壌はワイン用ブドウ栽培に適している石灰質土壌が主に広がっています。

アリカンテでは日常消費用ワインの生産が主でしたが、近年は設備投資が盛んに行われており、高品質ワインの生産に転換している生産者が多く出てきています。

 

 

アリカンテ

全体像

アリカンテがDOに認定されたのは1957年ですが、ワイン造りの歴史は古く古代ローマ時代までさかのぼることが出来ます。

古くからワイン造りが行われており、17世紀頃にはヨーロッパ各地にアリカンテ産のワインが輸出されていました。

しかし20世紀に入るとアリカンテでは他の産業が発展し、ワイン産業は衰退を迎えてしまいます。

その結果日常消費用のバルク ワインの生産がアリカンテでのワイン産業の中心になっていきました。

 

特徴とブドウ品種

アリカンテでは白ワイン赤ワインが生産されています。

白ワインは様々なタイプのワインが生産されていますが、モスカテルを使用した華やかでフルーティーなワインが特に人気があります。

赤ワインはモナストレル(ムールヴェードル)などの土着品種を主に使用しており、果実味が豊かで親しみやすいワインが生産されています。

また、アリカンテではモスカテルを使用したフォンディリヨンという酒精強化ワインも知られています。

フォンディリョンはソレラ システムを用いて最低8年間の熟成が規定されています。

 

アリカンテでは土着品種が主に栽培されています。

白ブドウはマカベオ、メルセゲラ、モスカテル デ アレハンドリアが主に栽培されており、黒ブドウはモナストレル、ガルナッチャ ティンタ、テンプラニーニョが栽培されています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→