ワイン用語集フランスワインアルザス地方

アルザスグランクリュとは?

アルザス グラン クリュは、1975年に制定されたAOCです。

グラン クリュとして指定された畑を優れた畑として認定し、そこの畑から作られたワインを格上のAOCとしています。

現在では51のリューディの畑がグラン クリュに指定されています。

51もの畑が指定されていながら、アルザス グラン クリュは、アルザス全体の約4%の生産量です。

 

なお、こちらのページではアルザスワインの中でもアルザスグランクリュにフォーカスしてご紹介しています。

アルザスワインの全体像は

アルザスワインとは?特徴とブドウ品種、基礎知識

をご参考ください。

 

アルザス グランクリュ

アルザス グラン クリュを名乗るためには、手摘み収穫の義務や糖度規定、収穫量の制限など厳しい規定があります。

2011年には各リューディが、独立したAOCとして認められ、必ずリューディー名と収穫年を記載することが定められました。

アルザス グラン クリュでは、辛口〜甘口まで様々なタイプの白ワインが生産されています。

1975年にアルザス グランク リュが制定されて以降、指定された畑のブドウを指定4品種に植え替える生産者が多くいました。

しかしこのアルザス グラン クリュに反発している生産者も多く、古くからその畑でワインを作っている生産者達の中には、そのまま4品種以外のものを栽培している生産者もいます。

また、指定4品種のワインであり、規定をクリアしているにもかかわらず、グランクリュを名乗らずに生産している作り手もいます。

 

認められているブドウ品種と例外

アルザス グラン クリュでは、白ワインのみ認められています。

そのため基本的に、認められている品種はリースリング、ピノグリ、ミュスカゲヴュルツトラミネールの4品種です。

ブレンドをせずに、原則単一品種で作り、ワインラベルに品種名を表記してあるものが多いです。

 

しかしアルザスグランクリュの中でも生産者の運動などにより例外があります。

アルテンベルグでは4品種の1つを使用したワイン、またはリースリングを主体としたブレンドワインが認められています。

ゾッツェンベルグではミュスカの代わりに、シルヴァネールを使用することが認められています。

またケッフェルコプフでは、ゲヴュルツトラミネールを主体としたブレンドワインが認められています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。