ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

アミオセルヴェルとは?ドメーヌの特徴と歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

アミオ セルヴェル(AMIOT SERVELLE)はフランス、ブルゴーニュのシャンボール ミュジニーを本拠地とするドメーヌです。

ドメーヌ セルヴェル タショを前身とするドメーヌであり、現当主はクリスチャン アミオ氏です。

 

所有する畑はシャンボールミュジニーを中心に7haほどで、シャンボール ミュジニーのレ ザムルーズやレ シャルム、ジュヴレ シャンベルタンのシャルム シャンベルタンを所有しています。

2010年からはアミオ家の畑であったクロ サン ドニも加わっています。

 

アミオセルヴェル

シャンボールミュジニーの名門ドメーヌ

クリスチャン氏は有機栽培への意識が高く、2003年より有機農法を始め、2008年にはAB認証を取得しています。

収量は30~40hl/haと厳しく制限されており、収穫はしっかりと完熟したブドウをすべて手摘みで行います。

基本的に100%除梗しますが、しっかりと梗まで熟すことが出来たヴィンテージでは一部除梗せずに使用します。

4~5日程度低温浸漬を行い、木製の開放桶で発酵を行います。熟成はオーク樽により15~18ヵ月行い、新樽率は10~75%とキュヴェにより大きく異なります。

 

ワイナリーの歴史

アミオ セルヴェルの歴史は、1920年にクレマン タショ氏がワイン造りを始めたことが起源です。

その後クレマン タショ氏の娘セシル女史と結婚したジャン セルヴェル氏がワイン造りに参加し、ドメーヌセルヴェル タショとしてワインを生産していました。

 

そしてモレ サン ドニのピエール アミオ氏の息子であるクリスチャン アミオ氏がジャン氏の娘と結婚してセルヴェル家へ婿入り、1980年からジャン氏と共にワイン造りを行います。

1990年にはドメーヌ名をセルヴェル タショからアミオ セルヴェルに改称し、クリスチャン アミオ氏が中心となりワイン造りを行っています。

 

アミオ セルヴェルは、同じシャンボールミュジニーの生産者であるルーミエやヴォギュエに匹敵する評価を得ています。

フラッグシップであるシャンボール ミュジニー プルミ エクリュのレ ザムルーズは、シャンボールミュジニーのピュアさや透明感を如実に表現していると評されています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→