ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

マルキダンジェルヴィ―ユとは?ドメーヌの特徴と歴史

マルキ ダンジェルヴィルは、ヴォルネイを本拠地とする老舗ドメーヌです。

ヴォルネイを中心に、ポマールムルソーなどに15ha程畑を所有しています。

クロ デ デュック、シャンパン、カイユレなど名だたるプルミエ クリュを所有しており、ヴォルネイ最高峰の造り手の一人です。

 

ヴォルネイやポマールは伝統的に英語圏で大変な人気があり、そのため生産者による優劣の差が激しいことでも知られています。

いい加減な生産者は「ヴォルネイやポマールの名前があれば売れる」というスタンスを感じさせるところも少なくありません。

その中に合ってマルキダンジェルヴィルは品質にこだわり、またワイン界にも多大な影響を与えた歴史のあるドメーヌとして強くお勧めできます。

 

 

 

マルキダンジェルヴィル

ヴォルネイの老舗ドメーヌ

2006年より25%ずつビオディナミに移行し、2009年よりすべての畑でビオディナミを実践しています。

収穫はすべて手摘みで行い、100%除梗を行います。ブドウの搾汁は重力の力を利用し、丁寧に行っています。

白ワインは、2006年から発酵において樽を使用しています。

熟成樽の新樽率は25%程度に抑えており、テロワールの個性っを表現しています。

赤ワインは、短期間の低温マセラシオン後、木製の開放桶で発酵を行います。そして木樽で15~18カ月熟成を行います。

 

ドメーヌの特徴

マルキ ダンジェルヴィルの特徴としては、その徹底した低収量を挙げることが出来ます。

1株に6房しか果実を実らせず、低収量を実現しています。

その凝縮感のあるブドウから、素晴らしい味わいのワインを生産しています。

またテロワールの個性を大事にしており、香り高く、繊細な味わいが特徴です。

 

歴史

1804年に一族がドメーヌを取得し、1906年からはINAO設立メンバーであるマルキ ダンジェルヴィル氏が継ぎ、ドメーヌを発展させました。

マルキ氏は1930年代の偽物ワインが横行した時代に、まだ一般的ではなかったドメーヌでの元詰めを始めた、革新的な造り手のひとりとして知られています。

1952年からは、タイユヴァンの2代目オーナーであるジャック ダンジェルヴィル氏が当主となります。

 

ジャック氏の他界後、2003年に現当主ギョーム ダンジェルヴィル氏が引き継ぎました。

ギョーム氏は、先代のジャック氏と共に仕事をしてきた農業技師ルノー ド ヴィレット氏の力を借りて、ワイン造りを行ってきました。

ルノー氏の退職後は、フランソワ デュヴィヴィエ氏が加入し、共にワイン造りを行っています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。