世界の一流レストラン

アポニエンテ|スペイン エルプエルトデサンタマリア

アポニエンテは、スペインのエル プエルト デ サンタマリアにあるミシュラン3ツ星のレストランです。

2015年にはミシュラン2ツ星を獲得し、2018年に3ツ星を獲得しました。

とてつもなく辺鄙な場所にあって、お世辞にもいい場所にあるとは言えません。

倉庫街の一角にあって、最初に行くときは相当心細い感覚になるのが普通でしょう。
 

アポニエンテ

倉庫街にある三ツ星レストラン

シェフはアンヘル レオン氏です。他にもビストロなどを展開しており、「プランクトン」を多彩に使用した料理で知られています。

料理は地元の伝統料理を元にしながら、創造力溢れる料理です。主に海の幸を使用した料理が多く、メニュー名も個性的なものばかりです。

「すり身になりたかったカニ」など、どのような料理か興味をひくものばかりです。

有名な料理としては、「海のチーズ」という料理があります。

 

この料理は、魚の脂肪と牛乳を乳化させ、モッツァレラチーズに見立てています。その中には様々な食材を包み込み、海の香りが詰まった料理です。

アポニエンテのメイン ダイニングは清潔感のある内装で、10テーブル程が並んでいます。

 

 

アクセスと価格のめやす

セビリア駅から電車で1時間ほどで、エル プエルト デ サンタマリア駅に到着します。

駅からは歩いてすぐですが、倉庫が多く並ぶ地味な地域にアポニエンテはあります。

ヨーロッパ最古の街と言われているカディスからは、車で30分ほどで到着します。

営業時間は、ラインチタイムが13:00~13:30、ディナータイムが20:00~20:30です。定休日は日曜日と月曜日です。

 

ランチタイムのコースは2種類用意してあり、190ユーロのものと220ユーロのものがあります。

ディナーのコースでは225ユーロのものがあり、100ユーロでワインのペアリング コースを付けることが出来ます。

単価としては350ユーロほどと考えられます。地元はシェリー酒の名産地であり、食前酒としてシェリー酒のサービスもあるようです。

 

シェフのアンヘル レオン氏は、「海の料理人」と呼ばれているほど、魚介類を多彩に使用し、その料理は高い評価を得ています。

料理の味付けは比較的しっかりとしたものが多く、日本人には強く感じることもあるようです。

 

【当サイトからのお願い】
 
当サイト”ワインの教科書”では、世界の一流レストランをご紹介しています。
 
できる限り情報は最新・正確のものであるように心がけていますが、時の流れにすべての情報を合わせることはできず、完ぺきではありません。
 
そのため最終的にはユーザーの皆様でご確認の上、ご利用くださいますようお願いします。
 
また、レストランの場所によっては治安の悪いところもあり、高級レストランに通うお客を狙った犯罪もあるのが現状です。
 
そのような場所に高価な服やバッグ、多額の現金等を持ち合わせることは、危険を伴います。
 
ユーザー様にはこのようなご忠告もあるのだとご理解の上、ぜひ世界の素晴らしいレストランとワインをお楽しみくださいますようお願いいたします。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。