ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

アルノ―アントとは?ドメーヌの特徴と歴史

アルノーアント(ARNAUD ENTE)は、ムルソーを本拠地としているドメーヌ です。

1992年に設立されており、まだ比較的新しいですが、大変注目されているドメーヌ です。

4ヘクタールの畑を所有していますが、そのすべてを厳しくコントロールしていて、緊張と情熱のすべてをワインに注いでいます。

フランスのワインガイドの大手ベタンヌ エ デッソーヴで2012年にマンオブザイヤーに選ばれると俄然注目が集まります。

 

ブルゴーニュにおいて最高峰の白ワイン生産しているコシュ デュリや、コント ラフォンと肩を並べることができる生産者として、高く評価されています。

アルノー アントは高い評価を受けていますが、作っているワインの生産量が少なく、日本市場ではあまり出回っていません。

フランス国内でも希少なワインであり、そのため手に入れることは困難です。

アルノ―アント

最注目の新ドメーヌ

アルノーアントでは、ブドウは丁寧に栽培され、完熟したものから収穫されています。

収穫の際には通常よりも小さな大きさのカゴを使用し、ブドウの果実を傷つけてしまわないように注意して運びます。

白ワインの発酵は樽内で行い、赤ワインの発酵は2002年までは木の開放桶を使用しており、2003年からはステンレスタンクを使用しています。

熟成には小樽を使用し、果実味とのバランスを意識して、樽を使用しています。

 

ワインの特徴

アルノーアントのワイン造りでは、その徹底した畑仕事が特徴的です。

化学肥料や除草剤は使用せずにブドウ栽培を行い、丁寧な剪定により低収量を実現しています。

また収穫の際には、同じ畑の区画であっても完熟した果房のみ収穫を行うため、何度も同じ畑の収穫を行います。

これは現地の収穫を手伝う人々の間では有名な話です。

アルノーアントの畑仕事は仕事量がすさまじいので気をつけろ、という話があるほど熱心な畑仕事を特徴としています。

 

ドメーヌの歴史

1966年にアルノー氏は生まれ、もともとマッサージ師を職業としていました。

そういわれてみるとマッサージ師さんにいそうな感じがしないでもないかもしれません。

しかし1991年にワイン農家の娘であったマリーオーディールテヴノ女史と結婚し、それを機に1992年には弟のブノワアント氏と、義父のドメーヌ 分割相続し、ワイン造りを行なっています。

 

アルノ―アントのワインはフランス国内でも高い評価を得ており、多くの三つ星レストランでオンリストされ、重宝されています。

 

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。