ワイン用語集テイスティング用語

ワインの第一アロマとは?果実由来の香りを検討しよう

ワインのテイスティング用語で第一アロマという言葉があります。

第一アロマはブドウ由来の香りのことで、換言すればフレッシュなブドウにもある香りと表現できます。

例)→果皮や果汁由来

白ワイン:レモン、グレープフルーツ、洋ナシ、白桃、アプリコット、トロピカルフルーツ

赤ワイン:キイチゴ、イチゴ、ブルーベリー、カシス、ブラックベリーなど

 

これらは果皮や果汁に含まれる香りで、ブドウの成熟度合いによって決まることが多いです。

また、ブドウには果皮や果汁以外に種子や梗もあります。

それらからはスパイスの香りがワインに印象付けられます。

例)白コショウ。黒コショウ、クローブ、ナツメグ、アニス

もっとも、これらのスパイスも種子なので、この関連性に着目できると一層テイスティングの理解が深まります。

 

ワインの香りは大別すれば第一アロマ、第二アロマ第三アロマがあり、体系的に覚えることで表現の幅が飛躍的に向上します。

 

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。