ワイン用語集テイスティング用語

ワインの第一アロマとは?果実由来の香りを検討しよう

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ワインのテイスティング用語で第一アロマという言葉があります。

第一アロマはブドウ由来の香りのことで、換言すればフレッシュなブドウにもある香りと表現できます。

例)→果皮や果汁由来

白ワイン:レモン、グレープフルーツ、洋ナシ、白桃、アプリコット、トロピカルフルーツ

赤ワイン:キイチゴ、イチゴ、ブルーベリー、カシス、ブラックベリーなど

 

これらは果皮や果汁に含まれる香りで、ブドウの成熟度合いによって決まることが多いです。

また、ブドウには果皮や果汁以外に種子や梗もあります。

それらからはスパイスの香りがワインに印象付けられます。

例)白コショウ。黒コショウ、クローブ、ナツメグ、アニス

もっとも、これらのスパイスも種子なので、この関連性に着目できると一層テイスティングの理解が深まります。

 

ワインの香りは大別すれば第一アロマ、第二アロマ第三アロマがあり、体系的に覚えることで表現の幅が飛躍的に向上します。

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→