ワイン用語集フランスワインシャンパーニュの生産者シャンパーニュ地方生産者

バロンドロスチャイルド シャンパーニュとは?その特徴と歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

バロン ド ロスチャイルド(BARONS DE ROTHSCHILD)は、コート デ ブランのヴェルテュを本拠地とするメゾンです。

ボルドーの一流シャトーの3社が集結して設立しました。

シャトー ムートンロートシルトのバロン フィリップ ド ロスチャイルド

シャトー ラフィットロートシルトドメーヌ バロン ド ロスチャイルド

シャトー クラークを擁するバロン エドモン ド ロスチャイルド

これらの三社が集まって造るシャンパーニュであれば、おのずと期待は高まるでしょう。

 

おおよそある程度のワインを楽しんだ人からすれば、これだけのブランドが集結すると逆に

「どうやって意見をまとめるのだろう」

という心配が先につくかもしれません。

しかし出来上がったシャンパーニュは一本筋の通った酸味と豊かで穏やかな果実味がじまとまっていて、一つのシャンパーニュの完成形を形作っています。

 

 

バロン ド ロスチャイルド

これ以上のないブランドシャンパーニュ

この「超」のつく名門一族が造るシャンパーニュは、「フレッシュさ」「純粋さ」「フィネス」を理想としています。

用いるブドウはグラン クリュとプリミエ クリュの畑を厳選。

220haもの信頼できる契約農家が、手摘みで収穫したブドウを使用しています。

すべてのキュヴェはドサージュが控えめで、最低3年の熟成を経てリリースされています。

スタンダードはブリュットで、リザーヴワインを40%程使用した贅沢な造りです。

ロゼやブラン ド ブランもリリースしています。

基本はマルチヴィンテージでリリースされているブラン ド ブランですが、単一ヴィンテージも生産しています。

ヴィンテージのブラン ド ブランは生産本数が少なく、貴重なシャンパーニュです。

 

ブランド数は少なく、主に以下の四つをリリースしています。

・CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD Brut(スタンダード ブリュット)

・CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD Rosé(ブリュット ロゼ)

・CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD Blanc de Blancs(ブランドブラン

・CHAMPAGNE BARONS DE ROTHSCHILD Vintage 2008(ヴィンテージ)

 

ワイナリーの歴史

ロスチャイルド家は、1822年にオーストリア皇帝から、5人兄弟全員に男爵の位を与えられたことを起源にするファミリーです。

シャンパーニュ バロン ド ロスチャイルドは2006年に設立、「ゲストに歓迎の意を示せる自分たちのシャンパーニュを」というロスチャイルド家の夢を叶えました。

 

ロスチャイルド家は、世界的に高名で、世界経済をリードしてきたファミリーです。

やや斜めから見ればブランド中のブランドのワインなので、手放しで「すばらしい」と喜ぶ人もいれば

「なんて貴族意識の高いワインなんだ」

と思われることもあるかもしれません。

 

ロスチャイルド家の5人兄弟の団結のシンボルは有名で、5本の矢が赤い盾を囲んでいます。

その盾の下には「Concordia、Integrotas、Industria」という3つの言葉が示されています。

こちらは「調和、誠実、勤勉」という意味で、この言葉を大事にして、長年ワイン造りを行っています。