誕生日イベントとワイン

誕生日プレゼントに生まれ年のワインを贈るときの注意点

ヴィンテージワイン?

お誕生日に生まれ年のワインを贈りたい。

このページを見ている人は、一度は考えたことがあるかもしれませんね。

でも対象となる年のブドウの出来も考慮しなくてはいけないので実はけっこうハードルが高いのです。

生まれ年のワインは、相手が20歳を超えていることを前提にすれば(日本には未成年者飲酒禁止法があります)、最低でも20年前のヴィンテージということになります。

そうなると選ぶワインはそれなりに選択肢が狭まり、最悪な場合見つけることができないということにもなりかねません。

ここでは、誕生日プレゼントに生まれ年のワインを贈るときのポイントをまとめてみました。

 

誕生日プレゼントに生まれ年のワインを贈る

名前をほるのは不向き

「せっかくの子供が生まれたのだから、ボトルに子供の名前を彫っておこう」

こう思っていた人にはいきなり申し訳ないのですが、ワインボトルに名前を彫るサービスは、残念ですがワインのことをあまりわかっていないことが多いです。

少なくともワインに理解がある人であれば、20年後に飲むワインのデリケートさはどれだけのものかは想像がつくものでしょう。

どんなワインでも20年もつものは相当慎重に扱わないといけません。

そのためワインが入っているボトルに彫り物をするのは、普通のワインの常識から言えば考えられない行為でしょう。

もし本当にワインのことを考えれば、ボトル詰めする前のボトルに彫り物を施し、それにワインを詰めるのであればわかりますが、これはワイナリーでないとできないことです。

そのため、当サイトとしては現実問題としてワインボトルに名前を彫ることはお勧めしていません。

 

生まれ年のワインとは、収穫年のこと

ここで、原点に戻って生まれ年のワインとは?を検討してみましょう。

生まれ年のワインは、生まれ年に収穫されたブドウから造られたワインのことです。

一部のワインでは、ウイスキーなどのように平均熟成年数をラベルに記載されていることもありますので注意しましょう。

もちろんこれは消費者を欺くものではなく、平均熟成年数を表示したほうが消費者にとってわかりやすいワインなのです。

 

一般的には、ラベルに書かれている一番大きな数字が収穫年なので、これを確認しましょう。

 

通常のワインは30年が限界

これはワインによっては例外はありますが、よほどのワインでない限り、熟成は30年が限界と考えましょう。

通常は熟成にはピークがあって、それが5年から15年かかります。

その後に穏やかにピークアウトをするのですが、これがいいとこ30年なのです。

一般的な傾向として、高級ワインは凝縮していて、これがワインの熟成を長期化させますので、高いワイン=長持ちするワインとなります。

こうなると30年前のワインを買うとなると、びっくりするような金額になることも多く、現実的ではないかもしれません。

 

生まれ年のワインの価格

では、一般的に30年物のワインの価格とはいくらくらいでしょうか?

30年もつワインといえば、ボルドーやブルゴーニュ、一部ロワールの高級ワインですが、これが30年前のヴィンテージとなると最低でも5万円はします。

もっとも、30年前のヴィンテージが5万円で買えるワインは、正直に言えば品質に疑問があることも多く、劣化しきっていることも想定できます。

あなたが「劣化していても構わないから生まれ年のワインが送りたい」と思っているのであれば、さすがに知ったことではありません。

しかし、普通の感覚であれば「生まれ年のワインで、かつおいしく飲めるワイン」がマストでしょう。

そうなると最低でも5万円、ボリュームゾーンは最低でも10万円程度と考えましょう。

 

 

えー!!10万円もするの!!

と思ったあなた。うまいテクニックがあります。

安心しておいしい生まれ年のワインが楽しめて、かつ、そこまで高くないワインをご紹介しましょう。

 

スティルワインは選びにくい

ワインにもいろいろな種類がありますが、一般的なワイン(スティルワイン)は、生まれ年のワインを選ぶのは難しいかもしれません。

不作の年(ヴィンテージチャートで低い点数の年)は、劣化が早く、長い熟成に耐えられない可能性が高いのです。

これは誤解していただきたくないのですが、一般に不作とされるものは決してまずいのではなく、長期熟成に向かないのです。

逆に言えば、若いうちに飲むのならおいしくいただけるということ。

ボルドーは相対的に寝かせるのに適していると言われますが、それでも天候がよくなかった1991年物などは既に飲み頃を過ぎているでしょう。

 

もちろん、シャトーによっては栽培技術や醸造の努力で品質のよいものもあります。同じ年のシャトーラトゥールなどは気象条件がよいうちに収穫しているので評価も高いのです。

お値段もそれなりに張りますが……。

 

甘口ワインはお勧め!

スティルワインではありますが、例外的に甘口ワインは長期熟成に向くのでお勧めです。

そこでお勧めしたいのがワインの帝王と呼ばれる貴腐ワインです。

ボトリティスシネレアという貴腐菌を付着させてブドウを育てることで、果皮のロウ質が壊され、過剰な水分が抜けて糖度が上がるのです。

ケーキなどのお菓子もそうですが糖分が多ければ品質は変化しにくいもので、特に上質な貴腐ワインは20年程度の熟成は全く平気です。

貴腐ワインにはコアなファンも多く、貴腐香と呼ばれる独特な風味も魅力の1つです。

フランスソーテルヌドイツのトロッケンレーベンアウスレーゼ、ハンガリートカイワインは世界3大貴腐ワインと呼ばれています。

 

フォーティファイドワインもお勧め

醸造過程でブランデーなどの酒精を加えてアルコール度数を高めた、フォーティファイドワインもよいでしょう。

フォーティファイドワインは、酒精強化ワインと呼ばれ、ワインの発酵途中にアルコールを加えて造ります。

酒精を添加した時点で発酵がストップするので糖分がのこり、結果として劣化しにくくなるのです。

世界3大フォーティファイド・ワインとされるものにスペインのシェリーがあります。

ポルトガルのポート・ワイン、マデイラ・ワインもそう。

 

フランスのヴァン・ドゥ・ナチュレルVDNも有名です。

なかでもラングドック=ルシヨン地方は最大の産地。

ここで造られるものをリヴザルトと言います。

 

ご紹介した種類の物であればきっと、おいしく召し上がっていただけることでしょう。

せっかくプレゼントするのですから喜んでいただきたいですものね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→