ワイン用語集

灰色かび病|対策はイプロジオン水和剤

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

灰色かび病はブドウの病気の一つです。

ボトリティスシネレア(Botrytis cinerea)とよばれるカビが湿度の高い環境下でブドウに付着することで発生します。

黒ブドウでは色素を破壊し、カビなので独特のカビ臭が発生します。

 

対策はイプロジオン水和剤などが使われます。

 

灰色かび病は適切な環境下では適度にブドウの果皮のろう質を溶かすことで果実内の水分が蒸発し、その結果貴腐ワインとなる可能性を秘めています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→