ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

ブシャールペールエフィスとは?ドメーヌの特徴と歴史

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ブシャール ペール エ フィス(BOUCHARD PERE ET FILS)は、ボーヌを本拠地としたドメーヌです。

広大な畑を所有している大ドメーヌとして様々なワインをリリースしています。

自社畑のものだけでなく、長期契約している契約農家からブドウを購入し、ワインを生産しています。

 

日本でも見かけることの多いドメーヌで、特徴的なラベルを覚えている人も多いのではないでしょうか。

ブシャールペールエフィス

ブルゴーニュを代表する巨大ドメーヌ

 

収穫はすべて手摘みで行います。

収穫したブドウは、傷をつけないように小型のケースに入れて運び、選果を行います。

2005年には新醸造所を設立し、グラヴィティ システム(重力を利用したブドウ運搬システム)を導入しています。

発酵槽は小型ステンレスタンクと、特注の木製発酵槽があり、区画によって使い分けています。

熟成に使用する樽に関しては強いこだわりがあり、コニャックのタランソー社と共に樽製造会社を設立し、完全オーダーメイドで造られた樽を使用しています。

 

ドメーヌの特徴と歴史

ブシャール ペール エ フィスの特徴としては、その広大な所有畑を挙げることが出来ます。

モンラッシェコルトンなど、コートドールを中心に畑を所有しています。

所有している畑は約130haであり、グラン クリュが12ha、プルミエ クリュが74haと広大な面積です。

また、約30の自社畑に気象台を設置しており、そのデータをもとに、畑の特徴に合わせた栽培・醸造を行っています。

 

1731年にミッシェル ブシャール氏によって、織物商として創業されました。

ワイン業は、1775年にヴォルネイの畑を購入したことから始まります。

3代目のアントワーヌ フィリベール氏の時代にドメーヌは発展を遂げます。

フランス革命後に没収された様々な銘醸畑を買い足し、所有畑を拡大していきました。

1830年には、アントワーヌ氏はシャトー ド ボーヌ城を購入、現在も地下を熟成庫として利用しています。

 

家族経営で運営してきたブシャールですが、1970~80年代には衰退を迎え、新樽を購入することが出来ないほど経済的に困窮してしまいます。

そのため1995年に、シャンパーニュ メゾンのアンリオを所有しているジョゼフ アンリオ氏が後を継ぎ、ここで家族経営は終焉を迎えます。

しかしアンリオ氏所有となってから品質の向上が著しく、評価が高まっています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→