ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

ブシャールペールエフィスとは?ドメーヌの特徴と歴史

ブシャール ペール エ フィス(BOUCHARD PERE ET FILS)は、ボーヌを本拠地としたドメーヌです。

広大な畑を所有している大ドメーヌとして様々なワインをリリースしています。

自社畑のものだけでなく、長期契約している契約農家からブドウを購入し、ワインを生産しています。

 

日本でも見かけることの多いドメーヌで、特徴的なラベルを覚えている人も多いのではないでしょうか。

ブシャールペールエフィス

ブルゴーニュを代表する巨大ドメーヌ

 

収穫はすべて手摘みで行います。

収穫したブドウは、傷をつけないように小型のケースに入れて運び、選果を行います。

2005年には新醸造所を設立し、グラヴィティ システム(重力を利用したブドウ運搬システム)を導入しています。

発酵槽は小型ステンレスタンクと、特注の木製発酵槽があり、区画によって使い分けています。

熟成に使用する樽に関しては強いこだわりがあり、コニャックのタランソー社と共に樽製造会社を設立し、完全オーダーメイドで造られた樽を使用しています。

 

ドメーヌの特徴と歴史

ブシャール ペール エ フィスの特徴としては、その広大な所有畑を挙げることが出来ます。

モンラッシェコルトンなど、コートドールを中心に畑を所有しています。

所有している畑は約130haであり、グラン クリュが12ha、プルミエ クリュが74haと広大な面積です。

また、約30の自社畑に気象台を設置しており、そのデータをもとに、畑の特徴に合わせた栽培・醸造を行っています。

 

1731年にミッシェル ブシャール氏によって、織物商として創業されました。

ワイン業は、1775年にヴォルネイの畑を購入したことから始まります。

3代目のアントワーヌ フィリベール氏の時代にドメーヌは発展を遂げます。

フランス革命後に没収された様々な銘醸畑を買い足し、所有畑を拡大していきました。

1830年には、アントワーヌ氏はシャトー ド ボーヌ城を購入、現在も地下を熟成庫として利用しています。

 

家族経営で運営してきたブシャールですが、1970~80年代には衰退を迎え、新樽を購入することが出来ないほど経済的に困窮してしまいます。

そのため1995年に、シャンパーニュ メゾンのアンリオを所有しているジョゼフ アンリオ氏が後を継ぎ、ここで家族経営は終焉を迎えます。

しかしアンリオ氏所有となってから品質の向上が著しく、評価が高まっています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。