ワイン用語集セパージュ

カベルネフラン|品種の特徴と生産地域

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

カベルネ フラン(CABERTNET FRANC)は、古くから栽培されている歴史ある黒ブドウ品種です。

長年フランスボルドー地方が原産地とされていましたが、現在はスペインのバスク地方に起源があると考えられています。

カベルネ ソーヴィニヨンは、このカベルネ フランとソーヴィニヨン ブランの交配品種です。

あまり知られていませんが、カベルネ フランは世界的に人気のあるカベルネ ソーヴィニヨンの祖先なのです。

 

サンテミリオンのシャトーシュバルブランカベルネフラン100%で造られます。

世界で最も高価なカベルネフランといえるでしょう。

カベルネフランシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-cabernet-franc
カベルネフランはロワールで成功したブドウ品種です。第一アロマに特徴的な青っぽいベジタルアロマがありますが、これは冷涼な気候によるもので、日照量のある地域では決して強くありません。 CABERNET FRANC BRETON(LOIRE) CARMENET(MEDOC) B...

カベルネフラン

品種の特徴

カベルネ フランの果実は小さく、比較的冷涼な気候でも栽培が可能とされています。カベルネ フランを補助的に使用しているワイン産地が多いですが、ボルドー地方では重要な品種のひとつとされています。

カベルネ フランは産地にもよりますが、ピーマンやアスパラなどの青く清涼感のある香りが特徴的です。

完熟することがとても難しい品種であるため、青い特徴的な香りが出やすくなっています。

色合いは薄く、木苺のような香りも持っており、軽やかでフレッシュな果実味が飲みやすいものが多いです。

 

カベルネ ソーヴィニヨンと比較されることが多く、カベルネ ソーヴィニヨンに比べるとタンニンが少なく、柔らかさを持っています。

カベルネ ソーヴィニヨンには濃厚なイメージがありますが、カベルネ フランはエレガントな印象があるブドウ品種です。

 

主な生産地域

カベルネ フランの全世界の栽培量のうち70%ほどはフランスで栽培されています。

フランス国内の産地としては、ボルドー地方とロワール地方が知られています。

ボルドー地方ではカベルネ ソーヴィニヨンやメルロとブレンドされ、主に補助的に使用されています。

一方ロワール地方では、100%カベルネ フランを使用したワインも生産されており、主要品種として使用されています。

その他の地域では、アメリカ、オーストラリア、南アフリカ、山梨などで栽培されています。

イタリアのトスカーナ州でも栽培されており、「スーパー トスカーナ」として生産されている秀逸なワインにも使用されています。