ワイン用語集セパージュ

カリニャンとは|品種の特徴と生産地域

カリニャン(CARIGNAN)は、フランスやスペインで広く栽培されている黒ブドウ品種です。

スペインのアラゴン州カリニェナ村が原産とされており、12世紀頃に南フランスに伝わり、世界に広がっていきました。

 

カリニャンの葉は大きく、果実は中ぐらいの大きさです。

長い日照量を必要とする晩熟な品種であり、乾燥している土地を好みます。

樹勢が強く多くの果実をつけることができるため、比較的日常消費用ワインとしてリーズナブルな価格帯で販売されています。

しかし近年、チリのマウレ ヴァレーの生産者たちが始めたVIGNOプロジェクトにより、伝統的品種であるカリニャンは注目を集めています。

VIGNOプロジェクトでは、65%以上カリニャンを使用し、樹齢30年以上の古樹を使用するなどの厳しい条件を課しており、高品質なワインが生産されています。

 

カリニャンのシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-carignan
カリニャンは南フランスで広く栽培されている品種です。病気・害虫に強く糖度が上がりやすいためバルクワインの原料としても用いられることがあります。スパイシーで色が濃く、いかにも肉料理に合いそうなワインに仕上がります。 CARIGNAN CARIGNAN NOIRBO...

カリニャン

品種の特徴

カリニャンは酸味とタンニンが強く、ワインに骨格を与えることができます。

単一ではあまり生産されていませんが、その多くはワインの骨格を補う目的でブレンドされています。

カリニャンは変種が多く、カリニャン ブランやカリニャン グリなどの変種も生まれています。

 

カリニャンを使用したワインは、色が濃く深い色合いを持ちます。

香りはプルーンや黒い果実の香りが強く、鉄やインク、スパイスのニュアンスも特徴として挙げることができます。

味わいは酸味とタンニンが強いため、長期熟成に耐えることができます。

 

基本的には高級ワイン向けの品種ではなく、デイリーワインや気軽に楽しめるタイプのワインに多く用いられています。

 

主な生産地域

カリニャンは主に南フランスで広く栽培されています。

定期的に風が吹くような乾燥した土地に適しているので、南仏特有の強風であるミストラルは、カリニャンの生育に適しています。

特に南仏のラングドック地方では栽培が多く、グルナッシュの次に栽培が多い黒ブドウ品種です。

 

原産地であるスペインでも広く栽培されています。

スペインではカリニェナと呼ばれており、特にプリオラートで作られているワインは、高い評価を得ています。

その他の地域では、イタリアのサルディーニャ島、クロアチア、アメリカなどでも栽培されています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。