ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

セシルトランブレとは?ドメーヌの特徴と歴史

セシル トランブレ(CECILE TREMBLAY)は、モレサンドニを本拠地とするドメーヌです。

現当主であるセシル トランブレ女史は、新進気鋭の女性醸造家として注目されています。

 

所有している畑はわずか4haと小規模です。

エシェゾー デュ ドゥスやシャペル シャンベルタンなどの銘醸畑を所有しています。

生産されているワインの評価が高く、パリの一流ワイン ショップや、三ツ星レストランでオンリストされています。

生産量の7割は輸出されていますが、生産されるワインは日本では見かけることが少なく、希少なワインです。

 

アンリジャイエの家系を組むことから、それだけで高価格で取引されがちですが、品質のすばらしさは特筆に値します。

ブルゴーニュワインのファンであれば一度は味わってみたいドメーヌでしょう。

 

 

セシルトランブレ

新進気鋭の女性醸造家

 

畑は厳格なリュット レゾネで栽培されていましたが、2003年からビオディナミを実践しています。収穫はすべて手摘みで行い、発酵前に低温浸漬を行います。

発酵は木のキューヴで行い、キュヴェゾンは28~35日行います。熟成は樽により15~18カ月行い、新樽率はキュヴェに合わせて25~100%です。清澄、ろ過は行わずに瓶詰めして生産されています。

 

創業者であるエドゥアール ジャイエ氏は、アンリジャイエ氏の叔父にあたる人物です。

アンリ ジャイエ氏はブルゴーニュの神様と呼ばれている人物であり、セシル トランブレはその家系ということで大変注目されています。

また実質的なビオディナミ栽培を実践してきた、パスカル ロブレ氏と共になったことも注目材料です。

 

ドメーヌの歴史

1921年にセシル トランブレ女史の曾祖父である、エドゥアール ジャイエ氏によって創業されました。

セシル氏の祖母であるルネ ジャイエ氏は、父から相続した畑を同家系であるミシェル ノエラにメタイヤージュ契約(所有権を移転せずに部分的な占有権のみを譲渡する契約)で貸し出しました。

所有権は保持したまま、ミシェル ノエラから半量程度の寄贈を受けてました。

2003年に一部のメタイヤージュ契約が切れたことを契機に、セシル女史が畑を受け継ぎました。

 

また同年にセシル女史はロブレ モノの4代目であるパスカル ロブレ氏と結婚しました。

セシル女史とパスカル氏は共にワイン造りを行い、ロブレ モノとセシル トランブレのワイン生産しています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。