ヴィンテージチャートワイン用語集

1992年のヴィンテージチャート|ブルゴーニュとボルドー

フランスワイン1992年は、産地ごとに異なる評価を受けています。

9月に雨が降ってしまった産地には、難しいヴィンテージとなっています。

 

シャンパーニュ地方は恵まれた天候のヴィンテージでした。

ブドウの生育期は天候に恵まれ、収量が高く豊作の年となりました。生産量を重視せずにしっかりと収量を抑えた生産者は、高品質なブドウを収穫することが出来ました。

 

アルザス地方は暖かく乾燥した7月と、暑い8月が特徴的なヴィンテージでした。

9月の収穫期も天候に恵まれ、健全なブドウを収穫することが出来ました。1992年アルザスはとても評価の高い年となっています。

 

ローヌ地方は暴風雨の影響もあり、8月~9月は全体的に雨が多く、北部・南部共に難しいヴィンテージとなっています。

 

1992年のヴィンテージチャート

ブルゴーニュ

WINE ADVOCATE

コートドニュイ 69

コートドボーヌ 82

白全般 90

WINE SPECTATOR

コートドニュイ

コートドボーヌ

白全般 92

 

1992年のブルゴーニュは、比較的良好なヴィンテージとされています。

穏やかな冬からブドウの生育は始まり、気温が高めな春を迎えます。

開花は5月末に始まりましたが、6月に入り雨が降った影響で長引いてしまい、ミルランダージュが生じてしまいます。

7月は雨が多く不安定な天候に悩まされましたが、8月に入り気温が上昇し、雨によるブドウの腐敗が広がることなく熟していきました。

収穫期は天候に恵まれ十分な日照を得ることが出来たため、不安定ながら良好なヴィンテージとなりました。

 

ボルドー

WINE ADVOCATE

左岸メドックグラーヴ)75~79

右岸サンテミリオンポイヤック)75~82

ソーテルヌ 68

 

WINE SPECTATOR

左岸メドックグラーヴ) –

右岸サンテミリオンポイヤック)-

ソーテルヌ72

1992年のボルドーは、雨が多く難しいヴィンテージとなってしまいました。

春からすでに雨が多く、湿度の高い夏を迎えます。

夏は気温は高めでしたが曇りがちであったため、十分な日照量を得ることが出来ませんでした。

8月に入っても好転せず、8月には例年の3倍ほどの降雨量を記録しています。

その後9月~10月も雨が地であったため、ブドウはしっかりと熟すことが出来ず、雨水を多く吸収してしまったブドウが多くあったようです。

1992年のボルドーはあまり長期熟成には向かず、早くから楽しむことが出来るワインです。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。