ヴィンテージチャートワイン用語集

1994年のヴィンテージチャート|ブルゴーニュとボルドー

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

フランスワイン1994年は、収穫期に雨が降ってしまったワイン産地が多く、難しいヴィンテージとなっています。

 

シャンパーニュ地方も例外ではなく収穫期の雨により難しいヴィンテージとなっており、ヴィンテージシャンパーニュはあまり生産されていません。

 

アルザス地方は湿度が高く寒い春から始まり、乾燥して暑い夏を迎えました。

しかし9月に長い雨に降られてしまい、腐敗してしまうブドウが多くみられました。

10月には天候は回復しましたが、難しいヴィンテージとなっています。

 

ロワール地方は暑い夏と適度な雨により、他の産地と比べると良好なヴィンテージとされています。

 

ローヌ地方は順調にブドウの生育が進んでいましたが、9月の大雨によりブドウは完熟することが出来ず、北部・南部ともに難しいヴィンテージとなっています。

 

 

1994年ヴィンテージチャート

ブルゴーニュ

WINE ADVOCATE

コートドニュイ 72

コートドボーヌ 73

白全般 77

WINE SPECTATOR

コートドニュイ

コートドボーヌ

白全般 87

1994年のブルゴーニュは日照量が足りず、あまり長期熟成には適していないヴィンテージとされています。

3月は穏やかな気候であったため生育はスムーズに進みましたが、4月中旬の寒さにより霜が降りてしまいます。この霜はシャブリでは大きな被害を与えてしまいます。

5月は安定した気候でしたが、6月に入ると涼しい気温により開花時期が遅れてしまいました。

時期は遅れたものの、開花は同じ時期に行われたため均一な生育が進んでいきました。

夏は暑く適度な雨が降り、8月までは順調にブドウは熟していきました。

しかし9月に入ると曇りがちで雨が多く、収穫期に日照量が物足りないヴィンテージとなってしまいました。

 

ボルドー

WINE ADVOCATE

左岸メドックグラーヴ)88~85

右岸サンテミリオンポイヤック)86~89

ソーテルヌ 70

 

 

1994年のボルドーも収穫期に雨が降ってしまい、品質にバラツキがあるヴィンテージとなっています。

春の厳しい寒さから始まり、5月は暖かい穏やかな気候でした。

6月からは暑くなり、開花は早い時期に始まりました。

7月~8月も暑さは続きましたが、9月の中旬から雨が続いてしまいます。

早熟であるメルロは早く摘んでいたものもあるため良好ですが、カベルネ ソーヴィニヨンには少し難しいヴィンテージとなっています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→