ヴィンテージチャートワイン用語集

2003年のヴィンテージチャート|ブルゴーニュとボルドー

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

2003年フランスは、フランス全土で数千人の死者が出るほどの猛暑の夏でした。

そのためフランスの各ワイン産地は、比較的果実味が強く、酸味が穏やかなスタイルが多いことが2003年の特徴として挙げられます。

 

シャンパーニュもその例に漏れず、猛暑による影響で酸が低く、あまり熟成には向いていないヴィンテージです。

シャンパーニュ地方は5月から暑く、時折嵐にも襲われてしまいます。

8月もとても暑かったため、8月から収穫を始めるという早熟なヴィンテージでした。

ローヌ地方も猛暑なヴィンテージであり、熟していて糖分の高いブドウが収穫されました。

比較的アルコール分の高いワインが生産されているヴィンテージです。

 

2003年のヴィンテージチャート

ブルゴーニュ

WINE ADVOCATE

コートドニュイ 89

コートドボーヌ 88

白全般 84

WINE SPECTATOR

コートドニュイ 93

コートドボーヌ 90

白全般 87

2003年のブルゴーニュは、温暖な春により生育が早まります。

しかし4月は寒く、霜の被害や雪が降った場所もあるほどの寒さでした。

5月は涼しく風も吹いていましたが、6月から暑さが始まります。

7月上旬は適度に湿度がありましたがそれ以降は乾燥し、8月は猛暑となりました。

8月は40℃を越えた日がなんと10日もあり、まさに暑さが特徴的なヴィンテージでした。

猛暑によりブドウの糖度は上がりましたが、酸度が下がってしまうため収穫を早くから始めた生産者が多く、8月半ばから始めた造り手もいます。

8月末には少し暑さは和らぎましたが、もうほとんどの生産者は収穫を始めていたようです。

例年遅摘みを行う生産者も9月半ばには収穫を行なっています。

 

ボルドー

WINE ADVOCATE

左岸メドックグラーヴ) 88~95

右岸サンテミリオンポムロール)84~90

ソーテルヌ 89

WINE SPECTATOR

左岸メドックグラーヴ) 95

右岸サンテミリオンポムロール) 94

ソーテルヌ 95

2003年は両紙で評価が分かれています。

 

ボルドーも2003年は暑いヴィンテージでした。

比較的果実味が突出しており、濃い味わいが特徴的なヴィンテージです。

生育期の序盤は特筆する点がない気候でしたが、7月には猛暑が襲います。

8月も猛暑は続き、11日連続で35℃を越えました。40℃まで達する日もあり、とても暑く乾燥した夏が過ぎて行きました。

ボルドーも早くから収穫は始まり、酸は穏やかながら果実味が主張している傾向があるヴィンテージです。

 

2003年の重大事件、ニュース

日経平均株価が7,607円88銭の大底を記録

SMAPの「世界に一つだけの花」のヒット