ヴィンテージチャートワイン用語集

2004年のヴィンテージチャート|ブルゴーニュとボルドー

2004年フランスワインは、あまり安定した気候ではなかったものの、2003年のような猛暑が続いた気候ではなかったため、穏やかに感じられた年でした。

ロワール地方やシャンパーニュ地方では豊作であり、シャンパーニュ地方は2003年に比べてかなり収穫量が増大しました。

比較的雨がちで湿度が高い気候条件ではありましたが、病害に気を遣いながらも豊作のヴィンテージとなりました。

 

2004年ヴィンテージチャート

ブルゴーニュ

WINE ADVOCATE

コートドニュイ 83

コートドボーヌ 79

白全般 91

WINE SPECTATOR

コートドニュイ 88

コートドボーヌ 85

白全般 90

2004年のブルゴーニュは、少し難しいヴィンテージとなりました。

開花は遅れましたが、生育は順調に進みました。

しかし7月前半は曇りがちで冷涼な気候になり、ウドンコ病が蔓延しました。

7月後半から気温は上がりましたが、曇りがちの天気で、嵐による雹の被害もありました。

8月後半からは天候が回復し、乾燥して晴天に恵まれました。9月は曇りの日も多かったですが天候は崩れず、収穫を遅らせた生産者は果実を成熟させることが出来ました。

 

また2004年のブルゴーニュでは、テントウムシが大量に発生したことが知られています。

生産者によっては、除梗機にテントウムシが混入してしまったため、ワインに青臭さがついているものもあると言われています。

 

ボルドー

WINE ADVOCATE

左岸メドックグラーヴ) 87~88

右岸サンテミリオンポムロール)88

ソーテルヌ 87

WINE SPECTATOR

左岸メドックグラーヴ) 89

右岸サンテミリオンポムロール) 88

ソーテルヌ 89

2004年のボルドーはミルランダージュなども生じず、豊作のヴィンテージとなりました。

しかし比較的安値で取引されており、お手ごろな価格帯となっています。

 

冬は寒く、春は涼しく乾燥していました。

開花は良い条件の元均一に行われましたが、6月は暑く乾燥していましたが、7月以降あまり天候に恵まれず涼しく雨がちとなりました。

特に8月に雨が多かったため、ブドウは多く水を吸ってしまい、凝縮感の欠如とブドウの成熟不良が懸念されるヴィンテージです。

とは言ってもそこまで悲観的になるようなヴィンテージではなく、シャトーによって品質にばらつきがあるようです。

厳しく収量を制限したシャトーは、コスト パフォーマンスが高いワインを生産しています。

 

2004年の重大事件、ニュース

オレオレ詐欺が本格化

冬のソナタの人気で韓流ドラマが人気化

アテネオリンピック・パラリンピック

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。