ヴィンテージチャートワイン用語集

2006年のヴィンテージチャート|ブルゴーニュとボルドー

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

2006年フランスのワイン産地は、比較的冷涼で雨がちな気候のところが多い印象です。

アルザス地方やロワール地方は気温があまり上がらず、ブドウの生育が不十分なものが多く見受けられました。

シャンパーニュ地方は7月に気温が上がりましたが、嵐の被害にも遭ってしまい、2006年はヴィンテージ シャンパーニュを生産しているメゾンはあまり多くはありません。

ローヌ地方は7月に雹の被害があり、8月以降は冷夏であったため優しさのあるヴィンテージになっています。

 

2006年ヴィンテージチャート

ブルゴーニュ

WINE ADVOCATE

コートドニュイ 89

コートドボーヌ 82

白全般 90

WINE SPECTATOR

コートドニュイ 91

コートドボーヌ 88

白全般 91

ブルゴーニュも2006年は比較的涼しいヴィンテージとなりました。

4月と5月は涼しく、少し湿度が高い気候でした。6月には少し気候が回復し開花を迎え、7月は暑く乾燥しました。

7月末には雹の被害に遭うところがあり、8月からは冷涼で雨がちな天気が続いてしまいます。

この8月の雨により湿度は高くなり、生産者たちはカビなどの病害の対応に迫られてしまうのです。

収穫は9月の半ばから始まりましたが、あまり理想的な日照量は得られず、成熟不足なブドウもありました。

10月も雨がちな天気が続いたため、遅摘み収穫を考えていた生産者達は苦労してしまいました。

 

ボルドー

WINE ADVOCATE

左岸メドックグラーヴ) 87~88

右岸サンテミリオンポムロール)88~90

ソーテルヌ 88

WINE SPECTATOR

左岸メドックグラーヴ) 90

右岸サンテミリオンポムロール)89 

ソーテルヌ 91

2006年のボルドーは、2005年の陰に隠れてしまいがちですが、比較的評価されているヴィンテージです。

フランスのほかのワイン産地とは異なり、ボルドーは涼しいだけでなく暑さもやってきました。

3月~6月はあまり雨が降らず、穏やかな気候が続きます。7月になり気温は上昇し、雨はあまり降らずに暑く乾燥した日が続きます。

8月からは暑く乾燥した日と涼しい雨がちな日が繰り返し訪れ、9月には比較的気温が上がりました。

9月には大雨の日もあり、湿度が高く腐敗してしまうブドウもありました。

8月からは難しい気候が続きましたが、厳重に選果を行ったシャトーなどは品質の高いワインを作ることが出来たとされており、生産者の努力が反映される年となりました。

 

2006年の重大事件、ニュース

ライブドア事件

トリノ 冬季オリンピック・パラリンピック 荒川静香さん優勝

倖田來未さんが年間音楽セールス1位に