ヴィンテージチャートワイン用語集

ヴィンテージチャート 2011年|ブルゴーニュとボルドー

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

2011年は、フランスのワイン産地は全体的に早い収穫を迎えました。

早い収穫を迎えた理由としては、夏が例年に比べて熱く、これがブドウの生育を促したことと、収穫時の天候悪化のリスクを検討した結果です。

評価の高い2009年2010年両ヴィンテージに比べると、少し難しいヴィンテージでした。

しかしシャンパーニュ地方は例外的に偉大なヴィンテージとして評価されています。

 

穏やかな冬と暖かな春を迎え、全体的に降雨量が少なく乾燥した気候でした。

暑い夏ではありましたが、夜間は気温が下がり、ブドウに理想的な寒暖差をもたらすことが出来ました。

収穫は8月半ばと早く始まり、健全なブドウを収穫することが出来ました。2011年は多くのメゾンがプレステージ シャンパーニュをリリースしています。

 

全体像としては、

・デイリーワインはできる限り早く飲むようにしましょう。

・ブルゴーニュの村名クラス、ボルドーの一般的なシャトーも、すでに飲み頃もピークを越えている可能性があります。

・ブルゴーニュのプルミエクリュグランクリュボルドーの上級シャトーも、すでに飲み頃ですので、いつ飲んでもいいでしょう。

 

2011年のヴィンテージチャート

ブルゴーニュ

WINE ADVOCATE

コートドニュイ 91

コートドボーヌ 90

白全般 91

WINE SPECTATOR

コートドニュイ 91

コートドボーヌ 90

白全般 92

 

2011年のブルゴーニュは、やや難しいヴィンテージとなりました。

春は穏やかで乾燥していましたが、局地的に雹も観測されており、収量が落ちてしまったのです。

 

5月は全体的に涼しく、雨が断続的に降りました。

6月には大雨が降ってしまいましたが、その後一転して猛暑となり、まだ新芽のため、日焼けしてしまうブドウも出てきました。

7月は全体的に涼しい夏を迎え、雨が例年より多く降りました。

7月は少ないながらも嵐の被害がジュヴレ シャンベルタンなどで出てしまいました。

8月も小雨が降りがちな天気が続き、8月末には収穫が始まりました。

 

ボルドー

WINE ADVOCATE

左岸メドックグラーヴ) 86~88

右岸サンテミリオンポムロール)87~88

ソーテルヌ 93

WINE SPECTATOR

左岸メドックグラーヴ) 91

右岸サンテミリオンポムロール) 91

白全般 97

2011年ボルドーもブルゴーニュと同じく、難しいヴィンテージとなりました。

2010年の秋は雪が降るぐらいとても寒かったのですが、冬は穏やかに過ぎていきました。

2011年の冬から春にかけては降雨量が少なく乾燥しており、生育は早いペースで進んでいきます。

6月後半はやけどするブドウがあるぐらい猛暑であり、果皮の薄いメルロにとってやけどの被害は大きいものとなりました。

その後は雨が多く涼しい夏を迎えて、早めの収穫となりました。

2011年のボルドーはとても難しい気候条件であり、生産者によって品質に差があるヴィンテージです。

厳しい選果を行ったシャトーでは生産本数が少ないながらも、高品質なワインが生産されています。

 

2011年の重大ニュース、事件

3月11日の東日本大震災

FIFAワールドカップ女子サッカーで日本優勝

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→