ワイン用語集ブルゴーニュ地方

ワインのシャトーとは?意味とドメーヌ・ネゴシアンとの違い

ワインのラベルにあるシャトー(CHATEAU)とは、もともとフランス語で「城」という意味です。

特にボルドーワインで多く見られる言葉で、ボルドーはそのままワイナリーにそれぞれお城のような建物があり、そこが本社であったりゲストハウスであったりします。

シャトーは、ボルドーの場合そのシャトーが栽培から醸造・熟成・瓶詰めまでを管理しているという意味で、他の生産地域でもおおむね同様の意味で使われています。

ただし、厳密に言えばシャトーという言葉には意味をなす拘束力はないため、現在ではあいまいになっていることが多いです。

 

同様の意味にドメーヌがあり、こちらはブルゴーニュに代表される言葉で、小規模な生産者が多いです。

 

ネゴシアンは、中間卸売業者のことで、リリース元という意味では似ていますが全く違う意味ですのでここで押さえておきましょう。