ワイン用語集ブルゴーニュ地方

ワインのシャトーとは?意味とドメーヌ・ネゴシアンとの違い

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ワインのラベルにあるシャトー(CHATEAU)とは、もともとフランス語で「城」という意味です。

特にボルドーワインで多く見られる言葉で、ボルドーはそのままワイナリーにそれぞれお城のような建物があり、そこが本社であったりゲストハウスであったりします。

シャトーは、ボルドーの場合そのシャトーが栽培から醸造・熟成・瓶詰めまでを管理しているという意味で、他の生産地域でもおおむね同様の意味で使われています。

ただし、厳密に言えばシャトーという言葉には意味をなす拘束力はないため、現在ではあいまいになっていることが多いです。

 

同様の意味にドメーヌがあり、こちらはブルゴーニュに代表される言葉で、小規模な生産者が多いです。

 

ネゴシアンは、中間卸売業者のことで、リリース元という意味では似ていますが全く違う意味ですのでここで押さえておきましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→