ワイン用語集セパージュ

シュナンブラン|品種の特徴と生産地域

シュナン ブランは、主にフランス南アフリカで栽培されている白ブドウ品種です。

フランスのロワール地方、アンジューを起源に持つと言われています。

ワイン評論家からは「世界で最も多目的に使用されるブドウ」や「カメレオンのような品種」と評されており、シュナン ブランからは、甘口〜辛口まで幅広いスタイルのワインが生産されています。

酸味が強いため、スパークリング ワインの原料にもなっています。

 

シュナンブランシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-chenin-blanc
シュナンブランはロワールの固有品種ですが南アフリカでも多く栽培されます。気候や土壌、栽培や醸造によってまったくカラーの違うワインになるブドウでカメレオンともいわれています。 CHENIN BLANC PINEAU DE LA LOIREPINEAU D'ANJOUPINEAU DE SAVE...
 

シュナンブラン

品種の特徴

シュナン ブランは房の大きさは中庸で、固い果皮を持ちます。病害の影響を受けやすく、栽培には注意が必要です。

比較的温暖な気候に適していると言われますが、フランスのロワール地方で成功しているため柔軟に適用することができます。

ワインの色調は産地により異なりますが、香りは金木犀やカリンの香りが特徴的です。そして豊かな酸味と果実味を持ち、ふくよかなワインを生産します。

シュナンブランは個性が強すぎるわけではないため、生産者の方針や土地の個性を反映しやすい品種とされています。

 

主な生産地域

シュナン ブランは世界中で広く栽培されていますが、特にフランスと南アフリカでは重要なブドウ品種です。

フランスでは主にロワール地方で栽培されており、トゥーレーヌやアンジュー、ヴーヴレなどで成功しています。

また、ロワール三大貴腐ワインと呼ばれるボンヌゾー、カールドショーム、コトー デュ レイヨンでも、シュナン ブランが使用されており、貴腐ワインを生産する上で重要な品種となっています。

 

シュナン ブランは南アフリカで最も多く栽培されている白ブドウであり、重要な品種です。

世界的に見てもその栽培量は多く、世界のシュナン ブランの20%ほどが南アフリカで栽培されています。

長らく日常消費用ワインにおいて使用されていましたが、近年古樹のシュナン ブランを選び、高品質なワインも生産されています。

一時期シャルドネやソーヴィニヨン ブランなどの品種へと植え替えが進んでいましたが、南アフリカでは伝統的品種として再度注目を集めています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。