ワイン用語集セパージュ

シュナンブラン|品種の特徴と生産地域

シュナン ブランは、主にフランス南アフリカで栽培されている白ブドウ品種です。

フランスのロワール地方、アンジューを起源に持つと言われています。

ワイン評論家からは「世界で最も多目的に使用されるブドウ」や「カメレオンのような品種」と評されており、シュナン ブランからは、甘口〜辛口まで幅広いスタイルのワインが生産されています。

酸味が強いため、スパークリング ワインの原料にもなっています。

 

シュナンブランシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-chenin-blanc
シュナンブランはロワールの固有品種ですが南アフリカでも多く栽培されます。気候や土壌、栽培や醸造によってまったくカラーの違うワインになるブドウでカメレオンともいわれています。 CHENIN BLANC PINEAU DE LA LOIREPINEAU D'ANJOUPINEAU DE SAVE...
 

シュナンブラン

品種の特徴

シュナン ブランは房の大きさは中庸で、固い果皮を持ちます。病害の影響を受けやすく、栽培には注意が必要です。

比較的温暖な気候に適していると言われますが、フランスのロワール地方で成功しているため柔軟に適用することができます。

ワインの色調は産地により異なりますが、香りは金木犀やカリンの香りが特徴的です。そして豊かな酸味と果実味を持ち、ふくよかなワインを生産します。

シュナンブランは個性が強すぎるわけではないため、生産者の方針や土地の個性を反映しやすい品種とされています。

 

主な生産地域

シュナン ブランは世界中で広く栽培されていますが、特にフランスと南アフリカでは重要なブドウ品種です。

フランスでは主にロワール地方で栽培されており、トゥーレーヌやアンジュー、ヴーヴレなどで成功しています。

また、ロワール三大貴腐ワインと呼ばれるボンヌゾー、カールドショーム、コトー デュ レイヨンでも、シュナン ブランが使用されており、貴腐ワインを生産する上で重要な品種となっています。

 

シュナン ブランは南アフリカで最も多く栽培されている白ブドウであり、重要な品種です。

世界的に見てもその栽培量は多く、世界のシュナン ブランの20%ほどが南アフリカで栽培されています。

長らく日常消費用ワインにおいて使用されていましたが、近年古樹のシュナン ブランを選び、高品質なワインも生産されています。

一時期シャルドネやソーヴィニヨン ブランなどの品種へと植え替えが進んでいましたが、南アフリカでは伝統的品種として再度注目を集めています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→