ワイン用語集セパージュ

サンソーとは?品種の特徴と生産地域

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

サンソー(CINSAULT)はあまり知名度は高くありませんが、フランスで最も古くから栽培されている黒ブドウ品種のひとつです。

諸説ありますが、フランスラングドック地方が原産地とされています。

サンソーは地中海性気候に適しており、豊かな日照量と温暖な気候を必要としています。

乾燥には強い反面、高い湿度のある土地には弱く、カビなどの病害には弱い側面を持っています。

 

サンソーの果房と果実は大きく、高い生産能力を持つため経済的なブドウ品種ということができます。

多くの果実を実らせることができますが、収量をコントロールしない場合は水っぽいブドウが出来てしまいます。

そのため古樹に実っているサンソーや、収量をしっかり制限しているものから、高品質なワインが生産されています。

サンソーのシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-cinsaut
サンソーは南フランスで広く栽培されています。グルナッシュカリニャンとともに混醸されることも多く、スパイシーで色が濃いワインになります。  CINSAUT CINSAULTPLANT D'ALRESBOURDALESMILHAUMORTERILLE NOIREPRUNELASPICARDIN NOIRPOUPE ...

サンソー

品種の特徴

サンソーの果皮は薄く、あまりワインに色が濃く抽出されません。

そのためワインの外観は比較的淡い色合いを持ちます。香りは赤い果実の香りが強く、スパイスのニュアンスも感じられます。

味わいはジューシーな果実味があり、タンニンは少なく柔らかさがあります。

サンソーはグルナッシュシラーカリニャンなどとブレンドされることが多く、タンニンや果実味の強いワインに柔らかさを与えることができます。

 

主な生産地域

サンソーはフランス、南アフリカ、チリやオーストラリアで主に栽培されています。

フランスでは主に南フランスやコルシカ島で栽培されています。

あまり単一では生産されておらず、補助的に使用されることが多く、他の品種とブレンドして生産されています。

ロゼ ワインで有名なタヴェルでもサンソーは使用されています。またプロヴァンス地方でも栽培されており、ロゼワインの原料として使用されています。

 

南アフリカでもサンソーは栽培されていますが、ピノタージュの親としての方が広く知られています。

ピノタージュはサンソーとピノ ノワールを掛け合わせたブドウ品種であり、南アフリカを代表する黒ブドウ品種です。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→