ワイン用語集フランスワインローヌ地方

クレレットドディーとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

クレレットドディーは、フランス最古の自然派スパークリングと呼ばれるワインで、アロマが豊かな発泡ワインになります。

AOCスパークリングワインのシェアで1位を誇るワインメーカーのジャイアンス社も生産していることで知られています。

 

このAOCはわかりづらい構造になっていて、ここで紹介するクレレットドディーは瓶内二次発酵(シャンパン方式)のスパークリングワインで、最低瓶内熟成期間は9か月、残糖15グラムです。

 

ところが同じエリアのクレレットドディー メトードアンセストラルというワインがあります。

こちらははメトードリューラルといってタンクで途中まで発酵させ、その後に瓶に移し替えるという製法なのです(トランスファーメソッドとも言います)。

ブドウ品種もクレレットがメインではなくミュスカ種(75%以上)なので、混同されないようにしてください。

 

また、スティルワインはコトードディー(COTEAUX DE DIE)というAOC名で、クレレット種から造られます。

 

クレレットドディー

ワインの全体像

クレレットドディは、コート・デュ・ローヌ中部のローム川とイーゼル川に挟まれているディー村で生産されるワインで、AOCとして認定されています。

スパークリングワインの生産が大半を占め、少量の白のスティルワイン(コトードディー)も生産されています。

この地は「黒い土地」とも呼ばれるように、土壌が黒ずんでいることが特徴です。

これは、片岩質を多く含む泥灰土だからです。

 

スパークリングワインと白ワインは共にクレレット種100%で作られ、白ワイン用のブドウ畑は2カ所のみとなります。

スパークリングワインは2000年前からの伝統的な製法となり、低温で発酵させます。

ヴエルコール山脈の冷水に浸けていた古代からの醸造方法に瓶内二次発酵(シャンパン製法)を合わせたものがベースとなり、独自の醸造技術になっているのです。

 

ワインの味わい

スパークリングワインは、クレレット種ならではの果実の香りは、ライチやマンゴーから柑橘系のジャムの香りなどが感じられます。

ナチュラルな口当たりとなり、エレガントな泡を心地良く楽しめる甘口発泡になっています。

他のスパークリングワインと違い、添加剤を使用していないので自然派と呼ばれています。

そのため、シャンパーニュよりも香り高く、余計な味わいをそぎ落として凝縮されたワインとされています。

 

白ワインは繊細でスタイリッシュな後口が特徴的です。

 

楽しみ方のコツ

ほんのりとした甘口発泡なので、しっかりと冷やしてウェルカムドリンクなど食前酒として楽しむのに最適です。

8度くらいに冷やし気味にして、できればシャンパーニュ同様、フルートグラスでいただきたいワインです。

食前に飲まれることが多いですが、料理と合わせると甘酸を引き立てることができます。

そのため、白身魚のフライやバターソース料理、魚介のソテー、フルーツサラダとのマリアージュも最高です。

食後に楽しむのであれば、フルーツのタルトやバターケーキと相性が良いでしょう。

美味しく、かつ価格も手ごろなのでパーティー向けにもよく用いられます。

そのためカナッペやハム類などの前菜類と一緒に飲むと、ワインの泡が食欲を増進してくれます。

楽しいパーティーがより一層楽しく感じることでしょう。

 

低アルコールなので、女性でも飲みやすいスパークリングワインです。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。