ワイン用語集

ワインの格付けをするメリットとデメリット

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ワインの格付けについては、例えばブルゴーニュのグランクリュプルミエクリュなど、ボルドーのシャトーなどが代表的です。

そのほかの産地についてもワインであったり畑に格付けをすることは多く見受けられます。

 

格付けそのものは外部にわかりやすく品質の高低を伝えるという最大のメリットがある反面、格付けがされた後の改定がされていないことや、格付けそのものが差別を生むという批判も多くあります。

 

格付けのメリット

国家が格付けをする?

ここでは、もっとも有名な1855年に制定されたボルドーの格付けを例にとってみましょう。

ボルドーの格付けは、パリの万国博覧会で当時のフランス皇帝ナポレオン3世の命令でされた経緯があります。

パリの万国博覧会は、外国に自国の文化を知ってもらい、経済的効果がうまれる最大のチャンスです。

その際に、わかりやすく格付けがされていれば外部の人間からすれば購入の動機になりやすく、それを消費者につたえるのも容易にできるという最大のメリットがあります。

その後のボルドーワインの世界的流行を考えると、この施策は大成功だといえるでしょう。

 

 

ただし、これがいち民間団体であればまだいいのですが、国家の皇帝が発案するとなると話は変わってきます。

 

格付けのデメリット

当たり前ですが、低い格付けのワインよりも高い格付けのワインのほうが信頼がありますので価格は上がります。

その結果格付けの高いワイナリーは利益が生まれやすいので設備投資や広告宣伝費にかける費用も潤沢に用意することができます。

逆に格付けの低いワイナリーが設備投資にまわすほどの利益を生むのは容易ではありません。

もちろん中には格付けに縛られずに独自の手法で世界的な評価を得ているワインもありますが、経済的平等性を考えると現代の感覚からはずれているといえます。

 

また、権威が長いこと続くことは決していいことではありません。

ほぼすべての格付けは、一度ついたらその後に格付けの変更はないのです。

権威は、守るためには努力が必要なので、当たり前に存在するわけではありません。

理由もなしに権威が続くことで腐敗が生まれ、結果として業界の不信につながるということは、歴史が証明しているでしょう。

 

ワインによっては価格や格付けに見合わない低いレベルの品質にところもあり、それが逆に消費者にとってわかりづらくしているという批判もあります。

 

このサイトを見てくださっているユーザー様にとっては、一つの判断材料として持っていただきたい知識の一つです。