ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

ブルゴーニュのクロ(CLOS)とは?石囲いで畑を区分?

ブルゴーニュワインを知ると、あちこちで「クロ CLOS」という言葉を見かけると思います。

「なんとなくブルゴーニュっぽい響きだなあ」と思っている人も、ここですこし勉強してみましょう。

 

ブルゴーニュの「クロ」とは、区分畑の一つで、その意味ではクリマ(詳しくはリンク先をご覧ください)と意味は似ています。

ブルゴーニュはシトー派の修道僧によって先鋭化され、ブドウは単一で栽培し、畑の個性を最大限に表すことがブドウの価値だと考えられていました。

シトー派の修道僧は自ら農作業やワイン醸造に携わり、畑ごとの個性を見抜きます。

そして、個性ごとに畑を区分し、それを石囲いで表します。

これが「クロ」なのです。

 

前述しましたが似たような用語にクリマがありますが、クリマのほうがより厳格です。

クロは、畑によっては石囲いはないところもありますし、現在では概念上のキーワードと言ってもいいかもしれません。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。