ワイン用語集

コンブランシアン石灰岩とは?ブドウ畑の地質

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

コンブランシアン石灰岩(COMBLANCHIEN LIMESTONE)は99%の純度の石灰岩で、特にブルゴーニュでは多くの生産者が嫌うほど堅い地質です。

プレモー石灰岩同様、上からの堆積によって水分が押し出され、淡い色の堅い岩となっています。

あまりにも堅いのでブドウ栽培には向きませんが、建物の石として使われることが多いです。

実際にコートドニュイで切り出されたコンブランシアン石灰岩は、パリのシャルルドゴール空港やルーヴル美術館でも使われています。