ワイン用語集

コンブランシアン石灰岩とは?ブドウ畑の地質

コンブランシアン石灰岩(COMBLANCHIEN LIMESTONE)は99%の純度の石灰岩で、特にブルゴーニュでは多くの生産者が嫌うほど堅い地質です。

プレモー石灰岩同様、上からの堆積によって水分が押し出され、淡い色の堅い岩となっています。

あまりにも堅いのでブドウ栽培には向きませんが、建物の石として使われることが多いです。

実際にコートドニュイで切り出されたコンブランシアン石灰岩は、パリのシャルルドゴール空港やルーヴル美術館でも使われています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

弊社運営のオンラインショップのご案内

ワインの教科書は、

オンラインショップ”ワインブックス

を運営しています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、お立ち寄りください。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ワインブックスへ→