ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

コートドボーヌのワイン|基礎知識と特徴、ブドウ品種

コートドボーヌ地区(COTE DE BEAUNE)は、ブルゴーニュ地方の中でも優れた白ワインの生産地として知られています。

広くはない地区ながらもグランクリュプルミエクリュが集中しているため、素晴らしいブドウが栽培されています。

コートドニュイ地区(COTE DE NUITS)と合わせて「コートドール(COTE D’OR黄金の丘 の意味)」と呼ばれており、その南側に位置する地区となります。

 

*なお、AOCに同名のコートドボーヌというワインがありますが、わかりづらく現地でもほとんど見かけることはありませんのでここでの説明は省きます。

 

 

コートドボーヌのワイン

ワインの特徴

コートドボーヌ地区ではグランクリュが多くある中、世界最高級である白ワインモンラッシェの生産地として知られています。

他にもコルトンシャルルマーニュムルソーなど最高峰の辛口白ワインが生産されています。

この地区の白ワインは、辛口が主となり、力強いながらも柔らかさと厚みを合わせ持ちます。

 

白ワインが有名な地区ですが、赤ワインの方が生産量としては多く、コルトンやグランクリュはないもののAOCであるやポマールヴォルネイなどの人気ワインが生産されています。

柔らかで深い味わいとなり、一般論としてはコートドニュイよりも熟成が早いワインとなります。

ボディが軽いので、女性からの人気が高いワインです。

 

ブドウ品種

コートドボーヌ地区で生産されるワインは、ブルゴーニュ地方の伝統通り白ワインであればシャルドネ単品、赤ワインとしてはピノノワール種を主に使用して作られます。

この地区は大陸性気候となり、夏は暑いためブドウを完熟させることができるのです。

南東向きの斜面では日照り量が豊富なため、グランクリュの畑も多く、コートドニュイよりもなだらかな斜面で栽培されています。

また、土壌が多様なため、村や畑によって個性の違ったブドウが育ちます。

 

ボーヌのワイン?

中世期、コートドボーヌ地区で生産されたワインはブルゴーニュ公に高く評価され、この地区のワインの名声を広め、「ボーヌのワイン」と呼ばれるようになりました。

ただし、ボーヌのワインと言っても実際にはポマール村もあればコルトン村もあります。

あまりにも区画が広すぎてブルゴーニュの良さは表現しきれていなかったようです。

この当時は区別のない総称として呼ばれていましたが、1936年になって原産地統制名称によって総称ではなく分類されるようになったのです。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。