ワイン用語集フランスワインボルドー地方

コートドボルドー ワインとは?特徴と楽しみ方のコツ

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

コート ド ボルドー(COTES DE BOREAUX)は、ボルドー地方のガロンヌ河右岸に広がるワイン産地です。

複雑であったボルドーのアペラシオンを分かりやすくするために、2009年に認定されたワイン産地です。

以前はボルドー コート ド フラン、プルミエール コート ド ブライ、プルミエール コート ド ボルドー、コート ド カスティヨンと名乗っていた産地をコート ド ボルドーとしてまとめています。

そのため指定生産地域は広大で、フランス最大級のAOCワイン生産地として知られています。

 

複雑であったボルドーのアペラシオンをまとめるためにコート ド ボルドーは作られましたが、その指定地域が広大であるため、一つのアペラシオンにまとめることに対して賛否両論があります。

またまとめたはずのプルミエール コート ド ボルドーの名で甘みのある白ワインが生産されており、まだまだアペラシオンが複雑です。

 

コートドボルドー

ワインの特徴

コート ド ボルドー内の各産地により土壌や気候が細かく異なるため、地域ごとに産地名を入れることが認められています。

そのため現在では通常のコート ド ボルドーと、ブライ コート ド ボルドー、フラン コート ド ボルドー、カスティヨン コート ド ボルドー、カディヤック コート ド ボルドーの名でワインはリリースされています。

 

コート ド ボルドーでは様々なワインが生産されており、各地域ごとに異なる特徴を持っています。

ブライ コート ド ボルドーでは赤ワイン白ワイン共に生産されており、すっきりとした白ワインと早くから楽しむことが出来る赤ワインが生産されています。

カスティヨン コート ド ボルドーは赤ワインのみが生産されており、しなやかで力強いワインが特徴です。

カディヤック コート ド ボルドーは丸みがあり、長期熟成にも向くタンニンを持つ赤ワインが生産されており、フラン コート ド ボルドーでは赤ワイン・白ワイン共に親しみやすい味わいのものが生産されています。

 

コート ド ボルドーの赤ワインは主にメルロ、カベルネ フラン、カベルネ ソーヴィニヨンが使用されています。

白ワインではソーヴィニヨン ブランやセミヨンが使用され、フレッシュなタイプが多く生産されています。

 

 

楽しみ方のコツ

コートドボルドーは、広大なアペラシオンで、かつ品質がたかいワインは前述の個別のアペラシオンを名乗る傾向にあるため、全体的に飲みやすいタイプのワインが多くなっています。

そのため肩ひじ張らずに楽しむほうが良い付き合い方といえるでしょう。

赤白共に冷やし気味に温度を設定し、赤は15度程度、白は6~8度程度でいいでしょう。

グラスも大ぶりなものや高価なグラスでは逆にワインと釣り合いが取れません。

極端な話、ガラスのコップでもいいですし、100円均一のグラスでも十分に楽しめます。

ただし、お金をかけずにワインを楽しむのには最低限のセンスと知識経験は必要です。あまりにも汚く飲むのはさすがにお勧めできません。

お料理も、日本の家庭料理でも十分に合わせることが可能です。

赤ワインであればトンカツやハンバーグステーキでもいいですし、白であれば青魚の塩焼きやなどにも十分に合わせられます。