ワイン用語集フランスワイン

クレピー ワインとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

ユーチューブチャンネルもご覧ください→


クレーピー(ヴァン・ド・サヴォワ・クレピー)は、フランススイスにまたがるレマン湖の南側にあります。

ドゥベーヌ、バレゾン、ロワザンの3つの村から生産されるAOCです。

高級リゾート地にもあたり、多くの著名人に愛された土地となります。

 

1948年から2009年まではクレーピーとして流通していましたが、それ以降は同意した生産者にはヴァン・ド・サヴォワ・クレピーとして流通させています。

 

クレーピー ワイン

ブドウの品種

クレーピーでは、地元固有のブドウ品種であるシャスラを100%使用した白ワインのみが生産されています。

シャスラは隣接するスイスでは最も有名な品種で、もともと地元で食用として栽培されていたブドウ品種となります。

果汁の多さと香りの強さが特徴的なブドウで、熟成時期は早めとなります。

食べるとおいしいブドウ品種はワインにするとどうしても水っぽく仕上がってしまいます。

それを繊細さでカバーして仕上げたワインがクレーピーなのです。

土壌は石灰質となっており、降水量の多い地域ながらも水はけが良く、ブドウ栽培には適した土地となります。

日光を浴びられるよう斜面を使って栽培されるため、質の良いブドウが生産されます。

湖の影響もあり、他のアルプス近隣地域よりも温暖な気候となります。

 

クレーピーの特徴

グリーンの色合いのある白ワインで、軽やかながらも酸味の効いた辛口の白ワインとなります。

微発泡性になっており、石灰質土壌の影響からミネラルやフローラルのアロマを感じる独特のワインとなります。

一般的には早飲みタイプとなっているものの、年度によっては熟成させて飲むことが出来るものもあります。

酸味のレベルが強いので熟成に耐えうるワインになるのです。

近くにはミネラルウォーターで有名なエビアンの産地であるエヴィアン・レ・バンがあるため、質の良い水の恩恵を受けていることが分かります。

 

相性の良い料理

フルーティーながらも辛口ワインとなっているので、チーズと相性が良くなっています。

特にクリーミーなチーズと相性が良いでしょう。

この地方はチーズの産地でもありますのでチーズフォンデュとのマリアージュは定番となっています。

また、魚料理とのマリアージュも良く、山岳地帯なので伝統的に淡泊な川魚との相性がいいとされています。

淡水魚のフライや、白バターソースを使った魚料理などがお勧めです。

川沿いで釣ったニジマスをバーベキューで塩焼きにしてクレーピーと合わせる・・・考えただけでおいしそうですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→