フランス地方料理

アルザス地方の郷土料理

アルザス地方はドイツフランスの国境に合って、ながらく領土がドイツであった時期のあった場所でもあります。

そのため地方料理もドイツ風のものが多く、またドイツ文化であるビールに合わせやすいものが多く見られます。

ビールは日本ではワインよりも国民的になじみがあり、その意味ではアルザスの料理は日本人の口にも合っているといえるでしょう。

↑の画像のようにアルザス地方随一の都市のストラスブルグも大変に美しい街並みで、そのため観光産業が発達し、それに合わせて地方料理も多く楽しまれています。

 

アルザスの地方料理

シュークルート CHOUCROUTE

シュークルートは、南フランスを代表するカスレと共に、フランスを代表する煮込み料理です。

塩漬けキャベツであるザワークラウトが、シュークルートとも呼ばれているため、この料理名がついています。

塩漬けにした豚肉とザワークラウト、ベーコンやソーセージなどと一緒に煮込んだ料理です。

日本でも有名な料理で、ビストロなどではよくメニューに載っています。

 

タルト フランベ TARTE FLAMBEE

ピサのように見える、アルザスの地方料理です。

イタリアから伝わったビザが形を変えたわけではなく、アルザス地方から始まった料理です。

タルト フランベの始まりは、アルザスの主婦が残っていたパン生地を薄く伸ばして、家にあった食材をのせて焼いたことが始まりです。

アルザスではフロマージュ ブランや玉ねぎ、ベーコンがのせて焼いたものが定番です。

 

ベッコフ Baeckeoffe

ベッコフも、シュークルトと同様に、アルザス地方を代表する煮込み料理です。

アルザスではベッコフ型と呼ばれる陶器に入れて焼き上げるため、この名前が付けられています。

ベッコフとは「パン屋のかまど」という意味で、昔アルザスの主婦達は、ベッコフ型に食材を入れ、パン屋さんに預けていました。

そしてパン屋さんはパンを焼き上げた後に、そのかまどに預かったベッコフ型を入れ、煮込んでいたようです。

豚肉や牛肉と野菜、そして白ワイン入れて煮込んだ料理です。

アルザス地方では、薄力粉に水を入れて練ったものを細く伸ばし、型のふたの隙間に挟み込んで密封して煮込んでいます。

 

アルザス風サラダ SALADE ALSACIENNE

アルザス地方で広く知られている、家庭的なサラダです。

葉野菜を使用したサラダで、シンプルながらセルヴラ ド ストラスブルグを薄切りにしてのせることが特徴的です。

セルヴラ ド ストラスブルグとは、スパイスの入った太めのポーク ソーセージで、茹でずにそのまま薄切りにしてのせます。

その他にはゆで卵や紫玉ねぎ、すりおろしたグリュイエールチーズをのせることも、アルザス風サラダの特徴としてあげられます。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。