ワインを楽しむための知識

同伴・アフターでのワインバー|使い方は?メリットとデメリットは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

クラブなどのナイトビジネスのキャストさんであれば出勤前の同伴や勤務後のアフターをすることもあるでしょう。

そのなかでもワインバーは大変に人気で、特に銀座や赤坂のワインバーはアフターや同伴向けに戦略を立てて出店をするところもあるくらいです。

ですが、ワインバーによってはこれらの使い方に向かないお店もありますし、向かないお店はキャストとお客様との関係にまで影響を与える可能性もあります。

ここで確認しましょう。

 

ワインバーでの同伴・アフター

ワインバーの利用は向き不向きがある

ワインバーで同伴・アフターは基本的に誰でも向くというわけではありません。

お客様によってはワインが苦手という人もいますし、ワインバーそのものの雰囲気が嫌という人には誘ってもいい気にはなりません。

キャストさんにとってもワインの知識が全くない場合や経験が浅い場合は気後れするのが普通です。

逆に以下のような場合はワインバーの利用が向いているといえます。

・お客様がワイン好き

・キャストさんがワイン好き

・ゆっくりと話したいとき

・静かな雰囲気で楽しみたいとき

・少し背伸びしたいとき

このような場合はワインバーは威力を発揮するでしょうし、お客様の心をつかむ近道といえます。

つまり、キャストさんから見て「このお客様とは親しくなりたい」という人と行くべきなのです。

 

同伴・アフターに向くワインバー

ワインバーにはいくつか種類があって、同伴やアフターに向くワインバーもあればそうでないお店もありますので注意しましょう。

まず、ワインバーとはいっても実際は普通のショットバーということもありますし、ワインに力が入っていないお店もありますが、これが一番お勧めできません。

ホームページや広告サイトで「ワインバー」と記載することで誰か引っかかればいいやとでも思っているのかもしれません。

また、ワインも扱っているからワインバーと名乗っちゃえというノリかもしれません。いずれにせよこの手のお店は利用しないほうが無難です。

また、ワインバーによっては「ビストロっぽいワインバー」もありますので検討しましょう。このカテゴリーはお料理にも力が入っていてワインにもこだわりがあります。

そのため「カジュアルフレンチ」とイメージするのが無難です。

バーだと思っていくと料理をしっかり食べることになりますので時間もかかりますし、お客様と向かい合って座ることになるのでややプレッシャーもあるでしょう。

 

お勧めのワインバーはカウンターがメイン

お勧めなのはカウンターがメインでその他にテーブル席が数席あるというようなお店です。

この場合はカウンターで並んで座るので会話もしやすいですし、料理がメインというわけではありませんので時間を短縮できます。

また、お客様には申し訳ないのですが、キャストにとってワインバーで大金を使わせるのは得策ではありません。

テーブル席に座り、フレンチレストラン並みの料金を支払わせることでお客様は「これだけ同伴で使ったんだから」という気になる人もいるかもしれません。

そのためベストは同伴やアフターではそこまでお金を使わせず、お店で落とさせるべきでしょう。

カウンターがメインのワインバーは例外もありますが”超”のつく高級店はありません。

お店側もアフターや同伴でのご利用に慣れているので接客もスムーズなことも多いでしょう。

 

まとめ

ワインバーは飲食店の中でもワインに特化しているので利用の場合は事前にリサーチが必要です。

最近はネットでも情報は出回っているのでお店のホームページや口コミを事前に見てみましょう。

ワインバーでワインを知り、それをキャストさんの営業に生かすというのもいいでしょうし、何よりいい雰囲気でワインを楽しめる女性は男性にとって大変に魅力的に映るものです。

同伴やアフターでのご利用をお考えの場合はご参考ください。

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→