ワイン用語集フランスワインシャンパーニュ地方

ドラピエ シャンパーニュとは?その歴史と特徴

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ドラピエは、自然派シャンパーニュを生産するワイナリーです。

パリの人気ビオワインショップ、カーブ・オジェでもおすすめされています。

ドラピエは、フランスの自然派と呼ばれる中でもっとも有名なワイナリーです。

シャンパーニュ地方ユルヴィルに本拠地があり、南部コート・デ・バールにて醸造を行っています。

 

 

1808年からドラピエ一族によるワイン製造は始まりました。

それ以降、ほかの大手シャンパーニュワイナリーとは異なり、家族での経営を続けています。

現在のオーナーは、8代目のミッシェル・ドラピエです。

ドラピエ シャンパーニュ

自然派志向のメゾン

ピノ・ノワールという品種のブドウを主に栽培しています。

自然な環境での栽培に、強い関心を持っていて、1989年以降は、一切の農薬を使わない有機栽培を続けています。

また、SO2(二酸化硫黄)の大量摂取は有害である上に、ワイン本来の香りを損ねると考えて、ワイン造りに使う量の削減を試みたことも有名です。

生産者たちの努力によって、通常100mg/lの添加量を約3分の1の35mg/lまで減らすことに成功しました。

 

ドラピエで造られるワインは、ブドウ本来の旨味を非常によく感じさせてくれます。

その理由は、前述の有機栽培、SO2削減に加えて、使われるドサージュ(甘味や辛みの調整のためワインに添加されるリキュール)の少なさにあります。

また、使われるドサージュも25年間の熟成を経た、まろやかなものであるため、果実の旨味を阻害することなく、柔らかくまとまりのある味わいとなります。

 

シャンパーニュ地方は冷涼で生産量が多いため、有機農法を取り入れる、とはいっても簡単なことではありません。

また、通常のシャンパーニュメゾンは大企業であることが多く、投資家たちの意見も取り入れないといけないため、大胆な施策は取りづらいのです。

ドラピエは家族経営なので有機農法にかじを切りやすかったのかもしれませんが、厳しい環境のなかの移行は相当な決意があったのでしょう。

 

 

ワイナリーの歴史

ドラピエファミリー↑

この地域では12世紀の時に、シルタシアン派によって地下貯蔵庫が作られたという記録があり古くからワイン造りに適した土地であったことがわかります。

その貯蔵庫は、現在でもワインの熟成に活用されています。

ドラピエは、自然と芸術を愛する者に親しまれ続けてきたワインです。

世界三大テノールの1人として有名な、ルチアーノ・パヴァロッティは、歌う前に「のどに優しい」として、このワインを飲んでいたという逸話があります。

現在の有機栽培に成功するまでには、収穫量が30%ほども落ち込むといった困難もありました。

その後の現当主ミッシェルの努力もあり、一切の農薬を使わずにより良質なブドウを収穫できるようになりました。

ワインに添加するドサージュの少なさもドラピエの特徴ですが、これはブドウの品質に対する自信の表れによるものだと、ミッシェルは語っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→