ワイン用語集

アイスヴァインとは?|甘口ワインの製法

アイスヴァインは、もともとドイツで伝統的に用いられてきた甘口ワインの製法の一つです。

ブドウ樹に果実がついたまま収穫時期を遅らせることで、冬の季節まで待ちます。

すると、ブドウ樹の新陳代謝によって水分が減り、結果として糖分の高い果汁が得られます。

さらに、マイナス7度以下で収穫・プレスすることで水分が凍り、水分以外の糖分やエキス分が得られます。

(やや乱暴な表現ですが、小さなころに、コーラを凍らせてみたことがありますでしょうか?

徐々に解凍するにあたって、最初に甘いジュースが溶け出て、最後に残った氷は味がないという経験がある人もいるかと思いますが、あの理屈です。)

 

ただ糖分の高いぶどうジュースを得られるだけでなく、ブドウ樹になったまま放置することで果汁には複雑性が生まれます。

もちろん、収穫時期を遅らせることで病害虫や天候不順のリスクもありますので、一本の価格はとても高価になります。

 

また、アイスヴァインは自然のブドウ樹になった状態で凍結していることが条件です。

そのため、収穫したブドウを人工的に凍結させるクリオエクストラクションとは全く違う製法になります。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。