ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

エマニュエルルジェとは?特徴と歴史、基礎知識

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

エマニュエル ルジェ氏は、「ブルゴーニュの神様」と呼ばれたアンリジャイエ氏の甥であり、そのアンリジャイエ氏のドメーヌを引き継いだ人物です。

本拠地はフラジェ エシェゾー村です。

アンリ ジャイエ氏の教えを濃く反映しており、畑仕事へのこだわりが強くあります。

低収量を心掛け、自然なブドウ栽培を実践しております。低温浸漬という発酵前に数日、果皮を果汁の中に漬け込む技法は、アンリ ジャイエ氏が実践した革新的な技法であり、エマニュエル ルジェ氏も継続して行っています。

最近ではクレマンドブルゴーニュも生産を始めていて、これからの展開も楽しみなドメーヌのひとつです。

エマニュエル ルジェ

ワイナリーの歴史

1976年から、エマニュエル ルジェ氏はアンリ ジェイ氏の元でワイン造りを学び、アンリ ジャイエ氏からドメーヌを徐々に引き継ぎ、1985年に自身のファースト ヴィンテージをリリースしました。

現在はエマニュエル ルジェ氏と、その二人の息子で運営しています。

アンリ ジャイエ氏は1988年の収穫を最後に現役から引退したとされていますが、実際には1999年のクロ パラントゥはエマニュエル ルジェ氏の体調不良により、アンリ ジャイエ氏が造ったとされています。

そのためワイン愛好家の中でとても貴重なワインとされています。

2000年頃から、エマニュエル氏の長男の二コラ ルジェ氏もワイン造りを始めており、2005年に二コラ ルジェのファーストヴィンテージとして、アリゴテが生産されました。

アンリ ジャイエ氏は残念なことに2006年にこの世を去ってしまいましたが、彼の造ったワインはブルゴーニュワインの中でも最高価格帯で取引されています。

 

アンリジャイエの甥

エマニュエル ルジェ氏は、アンリ ジャイエ氏の弟子の中でも一番長く教えを受け、アンリ ジャイエ氏と血縁関係もあります。

また畑も引き継いでいることから、アンリ ジャイエ氏の真の後継者とされています。

そのためワインの単価も高く、価格も通常のほかのワインよりも高くなっています。

アンリ ジャイエ氏の代表的畑のクロ パラントゥは、メオカミュゼが0.72ha、エマニュエル ルジェが0.28haで分割して所有しており、今も高い評価を受けています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→