ワイン用語集

フレーバードワインとは?意味と種類を解説

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

フレーバードワインはワインに人工的に香りを付けたカテゴリーのワインです。

アロマタイズドワインと呼ばれることもありますが、フレーバードワインが一般的です。

 

ワインはそのまま楽しむのが一般的であり、加工をして売り出すというのは亜流とされてきました。

しかし実際には古くからワインを利用して独自のブランドを構築する企業は数多くあったのです。

ワインの中にはスティルワインにしても商品価値の乏しいものもあり、「それであれば人工的に加工をして製品化しよう」という流れで生まれた背景もあります。

 

フレーバードワインの種類

最も一般的なフレーバードワインはベルモットでしょう。

ベルモットはにがよもぎの英語のwormwoodが派生してベルモット(VERMOUTH)となったといわれています。

ヴェルモットで有名なものは

ノワイープラ(フランス

チンザノ(イタリア)

などが有名で、カクテルのドライマティーニの材料としても用いられます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→