ワイン用語集

フォーティファイドワインとは?意味と種類を解説

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

フォーティファイドワインは酒精強化ワインと呼ばれています。

通常のスティルワインにアルコールを加えてアルコールを強化した(酒精を強化した)ワインということです。

もともとはワインが生まれたてのころに、スティルワインだとアルコール分が弱いため輸送に不向きであったために生まれたワインと言われています。

アルコールを添加することで微生物の活動が抑制され長持ちし、その結果船旅や遠征先でもワインが飲めるようになるのです。

人の酒好きは当時からすさまじく、フォーティファイドワインは酒好き魂が生み出したカテゴリーともいえるでしょう。

 

フォーティファイドワインの種類

では、フォーティファイドワインの種類をここで見てみましょう。

もっとも有名なのはポートワインです。日本ではそのままポートとも呼ばれます。

ポートワインはポルトガルの北部ドウロ川で生産される甘口ワインです。

ドウロ川河口付近の街ポルトからこの名前がついたとされます。


高級なものではヴィンテージポートやレイトボトルドヴィンテージポート、エイジドトーニーなどがあります。

これらのワインは高級レストランでも扱われ、日本ではやや下火ですが世界的な知名度を誇ります。

 

次に、同じポルトガルのマディラワインも有名です。

マディラワインはポルトガルのマディラ島で生産されています。
ポートワインよりも茶褐色の印象が強いのですが、これは独特の熟成のさせ方によります。

通常のワインに比べて高温で熟成させるので独特の色調と風味が生まれるのです。

この風味を生かして料理やソースにも用いられます。

 

スペインでは、シェリーも有名です。

シェリーはスペイン南部のアンダルシア地方のへレスデラフロンテラの付近で生産されています。

ポートやマディラと違って有名なものにドライシェリーがあります。

甘口のシェリーもありますが、甘口はポートやマディラのほうが知名度は高く、シェリーでは辛口のフィノと呼ばれるものが圧倒的です。

 

このほかにもイタリアのマルサラフランスVDN,VDLなども有名です。