ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

フランソワラヴノーとは?ドメーヌの特徴と歴史

フランソワ ラヴノー(FRANCOIS RAVENEAU)は、ブルゴーニュ地方のシャブリを本拠地とするドメーヌ です。

ヴァンサン ドーヴィサと共に、シャブリ最高峰の造り手として知られており、長期熟成可能なタイプのシャブリを生産しています。

レ メイユール ヴァン ド フランスでは三つ星の生産者に挙げられるなど、まさにシャブリを代表する造り手です。

レストランやワイン愛好家からの高い人気から、なかなか手に入れることができず、市場に出ているものはとても希少です。

フランソワラヴノー

シャブリの著名ドメーヌ

所有している畑は7haほどであり、村名格の畑は少なく、シャブリ グラン クリュとプルミエ クリュが多くを占めています。

ブランショやレ クロ、ヴアルミュールなどの銘醸畑を所有しており、古樹を多く所有しています。

リュット レゾネにより栽培されており、厳しい芽かきによって収量は低く抑えられています。生産者も5年寝かせることを推奨しているように、クラシカルで長期熟成が可能なワインを生産しています。

 

ドメーヌの特徴と歴史

フランソワ ラヴノーの特徴としては、その伝統的なワイン造りを挙げることができます。

機械摘みが主流であるシャブリですが、フランソワ ラヴノーでは手摘みにこだわりを持っています。

また、発酵は開放槽で行っていますが、スタートはステンレス タンクで行う昔ながらの手法を基本的にはとっています。

また新樽の風味を強くすることが流行しているシャブリにおいて、フランソワ ラヴノーは果実の味わいを重視し、積極的に新樽は使用せずに、主に古樽を使用しています。

新樽を使用する場合、ステンレス タンクは使用せずに、発酵から新樽を使用します。

熟成は1年前後行い、清澄を行います。濾過はせずにワインは瓶詰めされ、生産されたワインはシャブリ最高峰の評価を受けています。

m.Raveneau-Bernard

 

1948年にフランソワ ラヴノー氏によって創設されました。

1995年にはフランソワ氏は引退し、醸造学を修めたジャン マリー氏とベルナール氏ら兄弟を中心に運営されています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→