ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

フランソワラヴノーとは?ドメーヌの特徴と歴史

フランソワ ラヴノー(FRANCOIS RAVENEAU)は、ブルゴーニュ地方のシャブリを本拠地とするドメーヌ です。

ヴァンサン ドーヴィサと共に、シャブリ最高峰の造り手として知られており、長期熟成可能なタイプのシャブリを生産しています。

レ メイユール ヴァン ド フランスでは三つ星の生産者に挙げられるなど、まさにシャブリを代表する造り手です。

レストランやワイン愛好家からの高い人気から、なかなか手に入れることができず、市場に出ているものはとても希少です。

フランソワラヴノー

シャブリの著名ドメーヌ

所有している畑は7haほどであり、村名格の畑は少なく、シャブリ グラン クリュとプルミエ クリュが多くを占めています。

ブランショやレ クロ、ヴアルミュールなどの銘醸畑を所有しており、古樹を多く所有しています。

リュット レゾネにより栽培されており、厳しい芽かきによって収量は低く抑えられています。生産者も5年寝かせることを推奨しているように、クラシカルで長期熟成が可能なワインを生産しています。

 

ドメーヌの特徴と歴史

フランソワ ラヴノーの特徴としては、その伝統的なワイン造りを挙げることができます。

機械摘みが主流であるシャブリですが、フランソワ ラヴノーでは手摘みにこだわりを持っています。

また、発酵は開放槽で行っていますが、スタートはステンレス タンクで行う昔ながらの手法を基本的にはとっています。

また新樽の風味を強くすることが流行しているシャブリにおいて、フランソワ ラヴノーは果実の味わいを重視し、積極的に新樽は使用せずに、主に古樽を使用しています。

新樽を使用する場合、ステンレス タンクは使用せずに、発酵から新樽を使用します。

熟成は1年前後行い、清澄を行います。濾過はせずにワインは瓶詰めされ、生産されたワインはシャブリ最高峰の評価を受けています。

m.Raveneau-Bernard

 

1948年にフランソワ ラヴノー氏によって創設されました。

1995年にはフランソワ氏は引退し、醸造学を修めたジャン マリー氏とベルナール氏ら兄弟を中心に運営されています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。