ワイン用語集フランスワインボルドー地方

フロンサック ワインとは?特徴と楽しみ方のコツ

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

フロンサック(FRONSAC)は、ボルドー地方のドルドーニュ河右岸に位置しているワイン産地です。

以前は高い評価を得ておりよく知られていましたが、現在はあまり知名度が高くありません(一部現在もきわめて評価の高いワインがあります)。

1937年にAOCとして認定されました。

 

フロンサックはフロンサック村を含む7つの村が生産地域として指定されています。

その指定地域は800haほどであり、その内部の300haほどをカノン フロンサックが占めています。

起伏に富んだ複雑な地形を持ち、斜面を中心に畑が広がっています。

モラッセ デュ フロンサデと呼ばれるローム質粘土の底土の上に、粘土と石灰岩が広がっています。

 

フロンサックは古くからワイン造りが行われており、18世紀頃にはサンテミリオンを越える評価を得ていました。

しかしフィロキセラの被害によりフロンサックのブドウ畑は荒廃してしまい、目に見えて評価は落ちてしまいました。

現在は復興し徐々に評価を高めてはいますが、サンテミリオンポムロールの陰に隠れてしまっています。

著名な生産者に

Barrabaque、Canon de Brem、Cassagne-Haut-Canon-la-Truffiere、Dalem、Fontenil、Haut-Carles、La Vieille Cure、Les Trois Croix、Moulin Haut-Laroque

等があります(これらは際立って品質の高いワインなので、このページの紹介とは乖離がありますので、適宜ご判断ください)
 

フロンサック

特徴とブドウ品種

フロンサックはポムロールの西に位置しており、比較的ブドウの成熟が遅い地区として知られています。

ゆっくりと熟してから収穫をしなければならず、収穫期の雨の影響を受けやすいため収穫日の決定には注意が必要とされています。

 

フロンサックでは赤ワインのみが生産されており、産地の位置的にポムロールやサンテミリオンと比較されることが多くあります。

フロンサックの赤ワインはポムロールの縮小版と呼ばれることもあり、ポムロールよりも軽い印象は受けますが、果実やスパイスの繊細な香りを持ち、しっかりとしたタンニンを持ちます。

高品質なフロンサックのワインは、サンテミリオンとポムロール産の特徴を併せ持ち、長期熟成可能な骨格をもちます。価格的には両産地よりもお手頃なので、様々な場面で楽しむことができます。

 

フロンサックの主要品種はメルロ、カベルネ ソーヴィニヨン、カベルネ フランです。

補助品種としてはカルメネール、マルベック、プティ ヴェルドが認められています。

 

 

楽しみ方のコツ

フロンサックは一部大変に高品質で高価なワインもありますが、ほとんどは気軽に楽しめるタイプの赤ワインです。

そのため高級レストランやワインバーで楽しむ、というよりはご家庭やパーティーなどで楽しみたいワインといえるでしょう。

温度は16度くらいでいいですが、極端な低温度や高温度でなければ最終的に室温でも(22~23℃)問題ありません。

グラスも大ぶりのボルドーグラスでは逆に緊張してしまいますので、中ぶりのきれいなグラスであれば何でもいいでしょう。

お料理も、レストランのシェフが気合を込めて作ったものよりも、むしろご家庭のぜいたくなディナーやランチのほうが合わせやすいでしょう。

例えば昼過ぎからミートソースをじっくりと作りこみ、夕方になって出来上がってさあ食べようというときを思い浮かべてみてください。

そんな時にうまくてリーズナブルなフロンサックのワインがあれば最高のディナーになるでしょう。

 

高級なワインはある程度の楽しみ方が確立されていますので、マナーに合わせればいいのですが、低価格でおいしいワインこそ最低限のセンスや知識経験が必要といえるでしょう。