ワインを楽しむための知識

ワインバーのデートの服装|始めてのお店の場合は何がベスト?

 

ワインバーへ行く目的は様々ありますが、始めていくお店の場合はどんな服装で行けばいいのかを迷いますよね。

例えばデートであればもちろん相手の性格とか関係性とかで服装が決まる場合もあると思いますが、とはいえお店の雰囲気と全くあっていないというのは避けたいものです。

ここではあなたがワインバーへ始めていくときの服装についてご紹介します。

デートやワイン会などの集まりの際にご参考ください。

 

ワインバーでの女子会をお考えの場合は

ワインバーで女子会!|お店選びのコツとポイントは?

をご覧ください。

 

ワインバーの接待利用をお考えの場合は

ワインバーを接待に使う場合のポイントと注意点

をご覧ください。

 

 

ワインバーでの服装

あまり気にしなくていい

これはワインバーにもよりますが、例えば客単価が10,000円を超えるような高級店以外ではほとんどのお店の人は「お客様には服装を気にしてほしくない」と思っています。

最低限のマナーというものはありますが、マナーに縛られてぎこちない思いをするくらいなら自由な服装でリラックスしてほしいと考えているものなのです。

ただし、高級店ではホームページでドレスコードを設けているところもありますし、そういう場合は従わないと最悪な場合入店できないこともありますので注意してください。

 

レッドラインは?

 

では、ワインバーでしてはいけない服装のレッドラインはどこでしょうか?

まずは男性であればサンダルと半ズボン、Tシャツでしょう。

これらの服装は、着こなしによってはもちろん一般の服装よりもおしゃれにすることもできますし、中には「俺はいつでも半ズボンだ」という人もいると思います。

ただし、ワインバーは飲食店の中でも特に「ワインを楽しむ」に特化したお店なのであまりにもカジュアルすぎたり服装に主張が強すぎるのは避けたほうがいいでしょう。

 

ソムリエとの接し方を知りたい方は

ワインバーでのソムリエとの接し方は?なにがベストなの?

をご参考ください。

 

女性は露出の多い服装は避けたほうがいい?

そして、女性であればもちろん男性同様サンダル、やTシャツは避けたほうがいいですが、同様に露出の多い服装や極端なミニスカートは避けるほうが無難です。

もちろん夏場であれば自然と露出の多い服装になるのは仕方がありません。ただし露出をすること=おしゃれとは限りませんので注意が必要です。

こういった服装を好む男性はいることは否定しません。ただしいくらなんでもワインバーでは気恥ずかしくなってしまうでしょう。

また、ワインバーは公共の場ですので同性から見た印象も考察するべきです。

ワインバーは男女比がやや女性のほうが多いので面白く思わない人も多いかもしれません。

そうなるとお店の側からすると”痛い客”となってしまい、いい接客が受けられない可能性が出てくるのです。

 

ワインバーでの男女の出会いについては

ワインバーでナンパ|出会いを求めてはいけないこれだけの理由

をご覧ください。

 

 

無難な服装は?

では、ワインバーでとりあえず無難な服装はどのようなものでしょうか?

客単価が1万円以上の高級店であればスーツが無難でしょう。

このようなお店の場合は接待などのビジネス使用のお客様も多いのでそれに合わせるのもいいかと思います。

それ以下の一般的な客単価のお店の場合、前述したようにお店側はあまり気にしないでほしいとねがっているものなのでカジュアルすぎずに自由に選んでいいと思います。

もし迷った場合は、無難なものはソフトジャケットとチノパン、シャツの服装でいいでしょう。

清潔な印象のものであればデニムでも問題はありません。

女性であればミニスカートは避け、あとはその人にあった服装を選んでいけば問題ありません。

 

ワインバーでのマナーを知りたい方は

ワインバーのマナー|100%楽しむための5個のポイント

をご参考ください。

 

絶対避けたいのはきつい香水

ワインバーはワインを楽しむ場所なので香水の匂いは大変に嫌われます。

最悪な場合お店の入店を断られることもあり得ますので普段香水をつけている人は要注意です。

香水の匂いは自分では知らないうちにどんどん強くなる傾向にあります。

普段香水をしている人は、その日だけはしないでおくのもいいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしょうか。

ワインバーはワインを「楽しむ」場所なので、服装についても極端な話あなたが楽しければそれでいいのが原則です。

そのうえで、やはり公共の場所なので最低限の気遣いができればベストです。

お店によってはさらにお客様のゾーンを絞ってビジネス客に特化したり、ワインマニアしか相手にしないというお店もありますのでそういう場合は若干気を付けましょう。

そして、どのワインバーでも避けたいのがきつい香水です。

ご参考ください。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

弊社運営のオンラインショップのご案内

ワインの教科書は、

オンラインショップ”ワインブックス

を運営しています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、お立ち寄りください。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ワインブックスへ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です