世界の一流レストラン

ジョルジュブラン|フランス ヴォナス

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ジョルジュ ブランは、フランス、ブルゴーニュ地方のボージョレ地区にある、ミシュラン三ツ星のフレンチレストランです。

ホテルが併設されており、シェフであるジョルジュ ブラン氏の曾祖母が始めたレストランです。

1929年に1つ星、1933年に2つ星を祖母の代に獲得しました。

ジョルジュ ブラン氏は、小さいころにはあまり料理に興味がありませんでしたが、25歳の時に料理人になる決心をし、そして1981年に38歳の若さで3つ星を獲得しました。

 

長いこと三ツ星を保持している名レストランとして知られていて、それまではオーナーとシェフは別だったのですが、このころからオーナーシェフが俄然目立ってくるのです。

 

ヴォナス村近郊が生産の本拠地である、ブレス鶏を使用した料理や、オマール海老の煮込みが有名な料理です。

以前ブロイラーの台頭で、ブレス鶏が危機に瀕している際に、ジョルジュ ブラン氏はブレス鶏の宣伝をして普及に努めていた人物です。

また、1996年に行われたリヨンG7の際に、各国首脳にブレス鶏のシャンパーニュソースを提供したほどの知名度を誇ります。

 

 

ジョルジュブラン

行き方と価格

Restaurant George Blanc

Place du Marché 01 540, VONNAS

 

マコン近郊にあるヴォナスはパリから南東に400kmの位置にあります。

ヴォナスは「ジョルジュ ブラン村」とも呼ばれており、村のほとんどがジョルジュ ブランに関するホテルやレストラン、ショップになっているのです。

ヴォナスへは、パリ・リヨン駅からTGVでマコン ロシェ駅に行きます。

そこから約18kmほどあり、タクシーで行くことができます。

または、マコン駅から最寄り駅のヴォナス駅まで電車で行くこともできます。

 

ランチ・ディナー共に営業しており、ディナーはアラカルトとコース両方あります。

コースは295ユーロで用意がありまして、ドリンク代を含めると600ユーロ程が客単価でしょう。

 

俳優のようなシェフ

シェフのジョルジュブラン氏は見た目が俳優のようで、現代でいう、いわゆるイケメンシェフとして昔から有名でした。

物腰は柔らかく、知的で紳士なシェフの姿は多くの料理人のあこがれです。

 

1970年代にバターたっぷりで濃厚であったフランス料理界で、ジョルジュ ブラン氏は軽いソースを考案し評価を得ました。

また、ジョルジュ ブラン氏はワインにも造詣が深く、ドメーヌ ダズネイというワイナリーも所有し、ワイン造りを行っています。

料理と同じくワイン造りでも一切の妥協を許さず、素晴らしいワインを造っています。

 

【当サイトからのお願い】

当サイト”ワインの教科書”では、世界の一流レストランをご紹介しています。

できる限り情報は最新・正確のものであるように心がけていますが、時の流れにすべての情報を合わせることはできず、完ぺきではありません。

そのため最終的にはユーザーの皆様でご確認の上、ご利用くださいますようお願いします。

また、レストランの場所によっては治安の悪いところもあり、高級レストランに通うお客を狙った犯罪もあるのが現状です。

そのような場所に高価な服やバッグ、多額の現金等を持ち合わせることは、危険を伴います。

ユーザー様にはこのようなご忠告もあるのだとご理解の上、ぜひ世界の素晴らしいレストランとワインをお楽しみくださいますようお願いいたします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→