ワイン用語集フランスワインブルゴーニュ地方

ジュヴレシャンベルタンとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

フランスのブルゴーニュ地方の中でも代表的な赤ワインの1つが「ジュヴレシャンベルタン」です。

ナポレオン・ボナパルト(1808~1873)が愛したワインという背景から「ブルゴーニュの王」「王のワイン」と呼ばれています。

遠征にも必ず持っていき、シャンベルタン以外は口にしなかったと言われるほどです。

 

ナポレオンの遠征の失敗は、生死を分けるほどの意味を持ちます。

味わいも好きだったに違いませんが、おそらく縁起もよいと判断したのでしょう(後述しますが異論があります)。

指定栽培面積は409ha,そのうち1級のクリマはそのうち5分の1にあたる80haです。

平均生産量は18000hl程度で、コートドールのなかでも大きな生産量になります。

 

 

ソムリエ試験においてはジュヴレシャンベルタンの問題は頻出です。

特に地図問題は苦手意識が強い人も多いので、ここが得点できるとアドバンテージとなります。

↓にグランクリュの地図がありますので、最低限グランクリュは覚え、そのほかのプルミエクリュも著名なところは覚えたほうがいいかもしれません。

 

 

ジュヴレ シャンベルタン村のワイン

シャンベルタンとナポレオン

シャンベルタンのワインは、ナポレオンが必ず遠征先に持ち込んだとして有名です。

よく「ボルドーは女性的、ブルゴーニュは男性的」といわれますが、シャンベルタンはブルゴーニュの中で最も男性的といわれますのでいわば「男の中の男」のワインなのです。

それを遠征先に持ち込んでいたとなればストーリーとしては良くできているでしょう。

ただしこれには異論も多く、そもそもナポレオンは進軍が早いため、そんな悠長にシャンベルタンを味わっているわけがないというのです。

また、生死を分ける戦場でワインで酔っぱらうというのもおかしな話で、事実ワインを水で割っていたという説もあって、いよいよシャンベルタンとナポレオンの話には疑問はついてきます。

ナポレオンの食生活は案外粗末なもので、しかも早飯食いだった、という話もありますので、ゆっくりと美食と美酒を楽しむグルメとはややイメージが違うのかもしれません。

そのためジュヴレシャンベルタン村のドメーヌでナポレオンの話をすると話を濁されることがあって、あまり話をしたがらないこともあるでしょう。

 

ところが、ですが、お隣のフィサン村では1級畑に”クロナポレオン”という畑があって、こちらはまんざらでもなさそうなのです。

ひょっとしたら、50年後にはナポレオンとゆかりのあるワインはシャンベルタンではなく、フィサンになっているかもしれません。

 

ナポレオンとワインにはいくつも小話があり、ボルドーにもゆかりのある話があります。
 
ナポレオンの側近にジャン・ラスカーズ伯爵がいて、この人は英語が達者なうえにナポレオンに心底ほれ込んでいた人で、セントヘレナ島で死をみとった人の一人です。
 
頭脳明晰なのですが猫背で平身低頭、ナポレオンの風見鶏で「追従のあまりナポレオンよりも背が低くなった」と皮肉られるほどの相当の側近です。
 
お察しのとおり、この人はあのシャトーレオヴィルラスカーズの所有者だったのです。
 
ジュヴレシャンベルタンのワインをお飲みの時に、レオヴィルラスカーズも一つの小話として思い出してみてはいかがでしょうか。

 

わかりづらい村名とクリマ

ジュヴレシャンベルタン村のワインは、フランス国内のソムリエでは「罪作りなワイン」と揶揄されています。

というのも、正真正銘の特級のシャンベルタンやシャンベルタンクロドベーズを含む7つのAOCと、ただの村名のジュヴレシャンベルタンにも同様にシャンベルタンの文字が入り込んでいるのです。

ユーザーからすればこれは混乱のもとで、おそらく今まで多くのワインファンをよろこばせ、それと同じくらいがっかりさせてきたのかもしれません。

 

また、世界的にシャンベルタンワインの名前は浸透していて、シャンベルタンと名乗るだけで売れてしまいます。

一部のネゴシアンからすれば経済的理由以上に優先させることはありませんので、中には粗悪な品質の村名ワインも出回っているのが事実です。

これを知らないユーザーが間違って特級ワインと混同して飲んでしまうとその落胆は目に浮かびます。

 

そのため、この村のワインを選ぶときは、生産者をしっかりと検討して購入するべきでしょう。

しっかりつくりこんだジュヴレシャンベルタンであれば、たとえ村名クラスであってもうっとりするくらいの品質なのです。

 

ブドウの品種

  • 100%

    PINOT NOIRE

ジュヴレシャンベルタン村(と名乗る)のワインは100%赤ワインです。

ブドウ品種はピノノワールを使用しており、ブルゴーニュ地方の他の村と同様のブドウ品種となります。

しかしシャンベルタンには26のプルミエクリュの畑と9つのグランクリュ畑があり、それぞれ味わいが違います。

味わいが違うといっても、どれも最高級品レベルの質の高いワインです。

 

グランクリュがある村では最も北の位置にあたるため、涼しく石灰土壌の水はけの良さからブドウの成長を早めてくれます。

また日照り条件も良いため、色が濃く高品質なブドウが栽培されるのです。

 

 

クリュ

グランクリュ

グランクリュは、2つの別格特級畑(シャンベルタンとシャンベルタンクロドベーズ)があります。

格下げしたワインの場合はACブルゴーニュ、もしくはブルゴーニュ グラン オルディネールとなります)

以下はグランクリュの一覧と、指定栽培面積です。

 

それぞれに名前の由来や語源には面白いものがあり、ご興味のある方はリンク先をぜひご覧ください。

シャンベルタン(Chambertin) 13ha

シャンベルタンクロドベーズ(Chambertin Clos de Bèze) 15ha

シャペルシャンベルタン(Chapelle-Chambertin) 5.5ha

シャルムシャンベルタン(Charmes-Chambertin) 31ha

グリオットシャンベルタン(Griottes-Chambertin) 2.7ha

ラトリシエールシャンベルタン(Latricières-Chambertin) 7.5ha

マジシャンベルタン(Mazis-Chambertin) 9ha

マゾワイエールシャンベルタン(Mazoyères-Chambertin)

リュショットシャンベルタン(Ruchottes-Chambertin) 3.5ha

マゾワイエールは、独立したクリマですが、通常はシャルムシャンベルタンの名前でリリースされます。

そのため上記のシャルムシャンベルタンの指定栽培面積にはマゾワイエールが含まれています。

 

 

プルミエクリュ

Au Closeau

Aux Combottes

Bel Air

Champeaux

Champonnet

Cherbaudes

Clos des Varoilles

Clos du Chapitre

Clos Prieur

Clos Saint-Jacques

Combe au Moine

Craipillot

En Ergot

Estournelles-Saint-Jacques

Fonteny

Issarts

La Bossière

La Perrière

La Romanée

Lavaut Saint-Jacques

Les Cazetiers

Les Corbeaux

Les Goulots

Petite Chapelle

Petits Cazetiers

Poissenot

 

ジュヴレシャンベルタンの特徴

鮮やかで濃厚かつ男性的な味わいが特徴の赤ワインです。

長期熟成にも耐えるワインなので、若いうちは渋みが強く、熟成するほどまろやかな口当たりとなります。

酸とミネラルも程よく感じられ、タンニンも豊富です。

土やスパイス、またピノノワール特有のサクランボのようなアロマを感じられ、骨格がしっかりとしているので赤身の肉と相性良くなっています。

飲み頃は5年~25年くらいとなります。

ざっくりというと、村名クラスは~5年、プルミエクリュは~15年、グランクリュは~25年程度でしょう。

 

歴史

13世紀にクロ・ド・ベーズというベーズ修道院が管理する畑で作られたワインが有名になりました。

その話を聞いたベルタンという農夫が、隣の畑から高品質のワインを作り出すことに成功したので「ベルタンの畑」という意味の「シャンベルタン」と呼ばれるようになったのです。

その後1848年にジュヴレ村の村長がワインの評価を高めるために、村名にシャンベルタンの名前を付けて、ジュヴレ・シャンベルタンという現在の名前となりました。

 

合わせる料理

ジュヴレシャンベルタンはブルゴーニュの中でも鉄分の印象が強く、そのためジビエなどの肉料理にも合わせやすいといわれています。

ジビエ料理であれば、必然的にレストランのシェフが丹精込めて作る料理になります。

もっとも、村名クラスのワインはもっと気軽に飲めるタイプのため、逆に高級料理は合わせにくいでしょう。

そのため村名クラスであればもう少しクセのない牛ロース肉の炭火焼などの料理が合わせやすくなります。

1級クラスや特級クラスになるともう少し凝った料理が似合います。

前述のジビエであってもしっかりと都会的に仕上げ、血液のミネラル分を感じさせる料理がいいですね。

例えば野生の鴨をローストし、血液で仕上げたような料理↑は特級のシャンベルタンにふさわしいでしょう。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。