ワイン用語集セパージュ

ゲヴュルツトラミネール|品種の特徴と味わい

ゲヴュルツトラミネール(GEWURZTRMINER)は、果皮の色が薄っすらピンク色の白ブドウ品種です。

名前のゲヴュルツとは、ドイツ語で香辛料の意味を持っており、そのスパイスを思わせる華やかな香りが由来とされています。

強い香りが特徴的であり、グラスに鼻を近づけるだけでゲヴュルツトラミネールのワインであることが感じられるほどです。

 

フランスアルザス地方では、リースリングやピノ グリと共に主要品種とされています。

ゲヴュルツトラミネールはイタリア北部で栽培されていたトラミナーという品種が起源とされており、ドイツを経由してフランスアルザス地方に持ち込まれました。

ゲヴュルツトラミネールは、比較的冷涼で乾燥しており、粘土質の土壌を好むといわれています。

 

ゲヴュルツトラミネールのシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-GEWURZTRAMINER
ゲヴュルツトラミネールはアルザスで古くから栽培されています。糖度が上がりやすく、個性的で香りで一発でそれと分かるブドウです。ヨーロッパ全土で栽培され、飲みやすい軽めのものから甘口ワインまで幅広くリリースされています。コンクールで出題された場合、香...

ゲヴュルツトラミネール

品種の特徴

ゲヴュルツトラミネールは果皮の色が濃く、生産されるワインも色が濃く出来上がります。

ゲヴュルツトラミネールは「アロマティック品種」として知られており、その強く華やかな香りが特徴的です。

白コショウやバラ、ライチ、トロピカル フルーツの香りが強く、酸は穏やかながらオイリーであり、粘性が比較的強いタイプのワインが造られます。

糖度が上がりやすく、辛口から極甘口まで様々なタイプのワインが生産されています。

貴腐ワインとしてゲヴュルツトラミネールが使用されると、アプリコットやバラのジャムのような香りも感じられます。

 

主な生産地域

ゲヴュルツトラミネールは主に冷涼な気候を持つ地域で栽培されています。

最も多く栽培されているのは、フランスのアルザス地方であり、ヴァンダンジュ タルティヴやセレクッション ド グラン ノーブルなどの甘口ワインも生産されています。

貴腐ワインボルドー地方のソーテルヌが有名ですが、アルザス地方ではソーテルヌにも匹敵するワインを生産しています。

その他にはドイツのファルツや、イタリアのトレンティーノ アルト アディジェ州、北アメリカ、オーストラリア、日本の北海道でも栽培されています。

 

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。

”ワインの教科書”は、ソムリエコンテスト優勝経験者のサイト管理人が、ワインを120%楽しむために本当に必要なことを紹介しています(管理人はこの人→)。

初めてご覧の方は、できればざっと以下の記事をお読みいただき、興味を持っていただくことでワインの味わいはより一層味わい深いものとなります。

ワインのテイスティングのやり方|初心者がコツをつかむ具体的手法


フランスワインの基礎知識と全体像|生産地域をおさえよう


ブルゴーニュワインの歴史|流れを知ってワインをおいしくしよう


シャンパーニュ ワインの歴史|誕生から現在までを解説


また、ソムリエ試験を受験の方は、以下の記事をご参考いただくことで、ぐっと理解が深まります。

ソムリエ試験|受けるかどうかを迷っているあなたへのエール


ソムリエ試験の合格点と合格率・難易度について


ソムリエ試験|独学かワインスクールどちらがいいか?


ソムリエ試験|合格までの勉強時間はどれくらいなの?


二次試験のテイスティングで得点するコツ


  すべての記事は必ずサイト管理人が確認し、ユーザーにとって本当に価値があると判断したものしか公開していません。

分量は多いですが、ぜひ一つ一つご覧になってください。