ワイン用語集セパージュ

ゲヴュルツトラミネール|品種の特徴と味わい

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ゲヴュルツトラミネール(GEWURZTRMINER)は、果皮の色が薄っすらピンク色の白ブドウ品種です。

名前のゲヴュルツとは、ドイツ語で香辛料の意味を持っており、そのスパイスを思わせる華やかな香りが由来とされています。

強い香りが特徴的であり、グラスに鼻を近づけるだけでゲヴュルツトラミネールのワインであることが感じられるほどです。

 

フランスアルザス地方では、リースリングやピノ グリと共に主要品種とされています。

ゲヴュルツトラミネールはイタリア北部で栽培されていたトラミナーという品種が起源とされており、ドイツを経由してフランスアルザス地方に持ち込まれました。

ゲヴュルツトラミネールは、比較的冷涼で乾燥しており、粘土質の土壌を好むといわれています。

 

ゲヴュルツトラミネールのシノニムは、こちらをご参考ください。

 ワインの教科書
https://wine-kyokasyo.com/synonym-GEWURZTRAMINER
ゲヴュルツトラミネールはアルザスで古くから栽培されています。糖度が上がりやすく、個性的で香りで一発でそれと分かるブドウです。ヨーロッパ全土で栽培され、飲みやすい軽めのものから甘口ワインまで幅広くリリースされています。コンクールで出題された場合、香...

ゲヴュルツトラミネール

品種の特徴

ゲヴュルツトラミネールは果皮の色が濃く、生産されるワインも色が濃く出来上がります。

ゲヴュルツトラミネールは「アロマティック品種」として知られており、その強く華やかな香りが特徴的です。

白コショウやバラ、ライチ、トロピカル フルーツの香りが強く、酸は穏やかながらオイリーであり、粘性が比較的強いタイプのワインが造られます。

糖度が上がりやすく、辛口から極甘口まで様々なタイプのワインが生産されています。

貴腐ワインとしてゲヴュルツトラミネールが使用されると、アプリコットやバラのジャムのような香りも感じられます。

 

主な生産地域

ゲヴュルツトラミネールは主に冷涼な気候を持つ地域で栽培されています。

最も多く栽培されているのは、フランスのアルザス地方であり、ヴァンダンジュ タルティヴやセレクッション ド グラン ノーブルなどの甘口ワインも生産されています。

貴腐ワインボルドー地方のソーテルヌが有名ですが、アルザス地方ではソーテルヌにも匹敵するワインを生産しています。

その他にはドイツのファルツや、イタリアのトレンティーノ アルト アディジェ州、北アメリカ、オーストラリア、日本の北海道でも栽培されています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→