ワイン用語集イタリアワイン

ゲンメ ワインとは?特徴とブドウ品種、合わせる料理

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ゲンメ(GHENNME)はイタリア北部ピエモンテ州ノヴァーラ県で生産されるワインです。

1997年に、赤ワインのみがDOCGの指定を受けました。

後述しますが日本ではワインショップなどではほとんど見かけません。

しかし、歴史も古く、かつワイン自体も上質で、特に熟成されたゲンメは強くお勧めできる品質です。

ネッビオーロファンならずとも一度は熟成されたゲンメの良さを味わいたいものです。

ゲンメ

ピエモンテ州DOCGワイン

ガッティナーラバローロといった、ほかのネッビオーロ種(現地ではスパンナとよばれています)のワインと同様に長期熟成に向いていて、強い酸味とタンニンが特徴です。

しかし、それらのワインと比べるとマイルドな味わいとなっています。

 

その違いは、両者の土壌によって生まれると言われています。ゲンメは、モンテ・ローザから運ばれた氷堆石(ひょうたいせき:氷河によって削られた岩などからできる堆積物)によってできる粘土質の土壌となっています。

他方、バローロの作られるランゲ地方は、石灰を含むアルカリ性の粘土質で、ガッティナーラは火山性土壌となっています。

このような違いによって、同じ原料をメインに使いつつも、三者三様の個性が生まれています。

 

熟成期間には厳密な規定があり、最低34カ月が必要で、そのうち18カ月は木樽での熟成が求められています。また、ゲンメ・リゼルヴァでは、24カ月の木樽熟成を含む46カ月の熟成が必要とされています。

 

 

ブドウ品種

ゲンメのワインはネッビオーロ種のブドウを最低85%(法改正前は75%)使うことが定められています。

残りの15%には、ヴェスボリーナ種、ウーヴァ種、ラーラ種が使われます。

 

メインで使用されるネッビオーロ種のブドウは、長期の熟成に向いています。

長期間の熟成を経たネッビオーロのワインは、深みと広がりのある香りと、長い余韻が特徴的な素晴らしいワインとなります。

 

ネッビオーロのシノニムはリンク先をご参照ください。

 

希少なDOCGワイン

ゲンメでのワイン製造の歴史は古く、古代ローマ帝国時代の学者プリニウスの著書『博物誌』にも言及されています。

ゲンメは、数十軒の生産者によって作られていて、全体の生産数もおよ15万本程度しかありません。

近年では、日本に入ってくる数も増加してきてはいますが、国内で目にする機会はまれでしょう。

ゲンメワインの生産者では、イオッパ、イル・キオッソ、カンタルーポなどが有力とされています。

 

ガッティナーラも同様ですが、本来は上質なワインであるのにバローロやバルバレスコの陰に隠れている感は否めません。

 

合わせる料理

ゲンメは長期熟成型のワインで、生産者も渋みや酸味を強く残す醸造方法をしています。

そのため最低でも5~10年はまち、複雑味が出てきたころを楽しみたいものです。

ネッビオーロとはいっても強すぎず、かつ、滑らかにまとまったワインとなりますので、あまり個性的すぎず、かつ素材の味を生かしたジビエの煮込みなどが最適でしょう。

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→