ワイン用語集フランスワインブルゴーニュのドメーヌブルゴーニュ地方生産者

ジルビュルゲとは?特徴と歴史、基礎知識

ジルビュルゲは、ジュヴレシャンベルタンで高評価を得ているアランビュルゲの兄であるジル ビュルゲ氏が当主を務めるドメーヌです。

弟と同じく、ジュヴレ シャンベルタンを本拠地としています。

弟のドメーヌであるアラン ビュルゲは急成長を遂げ、知名度が高く、世界中で知られています。

一方、兄のドメーヌ、ジル ビュルゲはあまり知られていなく、知る人ぞ知る造り手です。

ジル ビュルゲのドメーヌはとても小さく、その醸造所は民家と変わらないような大きさです。

ジュヴレシャンベルタンの中でも風がよく吹き抜けて、エレガントなワインを産むプルミエクリュ、ラヴォー サン ジャックやレ コルヴェを所有していました。

除草剤や化学薬品は使用しない自然に配慮したワイン造りを行っています。

収穫は手摘みで行い、丁寧なワイン造りを心掛けており、伝統的なオーク樽で熟成されています。

ジュヴレ シャンベルタンらしいしっかりとした骨格を持ち、長期熟成にも耐えうる香り高いワインを生産しているのが特徴です。

このジル ビュルゲのワインは、全くの個人生産であるので生産量がとても少なく、そのほとんどが現地で顧客のセラーへと流れてしまうためほとんど日本への入荷はありませんでした。

また後述しますが廃業されたことにより、蔵出しのワインが出てきていますが、かなり入手が困難なワインであると言えると思います。

現在廃業・・・

ジル ビュルゲ氏は息子の二コラと共にワイン造りを行っていましたが、現在は引退され、ドメーヌも廃業されています。

ジル ビュルゲが所有していた畑は2014年から旧アラン ビュルゲであるジャンリュック&エリック ビュルゲに引き継がれています。

マスター オブ ワインである、ブルゴーニュワインの権威ジャスパー モリス氏はジル ビュルゲのラヴォー サン ジャックを高く評価しており、ラヴォー サン ジャックの優良生産者としています。

また長期熟成により真価を発揮するワインであるとの評価を受けています。

投稿者プロフィール

ワインの教科書
当サイト”ワインの教科書”は、ワインに関する知識や経験を、できる限り丁寧に解説しています。どうぞよろしくお願い致します。