ワイン用語集

剪定の株仕立て(ゴブレ)とは?

ユーチューブチャンネルもご覧ください→

ゴブレは剪定の一つで主に南フランスやスペイン、ポルトガルなどで採用されています。

日照量の多い地域の場合幹が太くなりすぎてその結果株のようになることから株仕立てとも呼ばれています。

 

主に主幹をのこしてそこから短梢を数本残して栽培をします。

ゴブレの場合、新梢を針金に括り付けることはしないことが多く、そのため枝は必要以上に長くなりません。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→
  • jnanaさん

    おそらく単純なうち間違いだと思います。

    本文そのものもわかりづらく、あいまいな部分もありましたので半分ほどを修正いたしました。

    ご指摘をありがとうございます。