ワイン用語集

グラニテとは?フレンチレストランでの口直し

グラニテとは、フランス料理のメインディッシュの前に提供される氷菓のことを指します。

フランス料理は前菜に始まりスープ、魚料理、肉料理、デザートと続きますが、デザートの前のメインディッシュのころは口が疲れてしまうものです。

それをグラニテで口をさっぱりさせ、そのあとに続くメインディッシュへの食欲を回復させるのです。

 

一般的にはグレープフルーツやレモン、ライムなどの柑橘系のフルーツを凍らせ、フォークでざっくりとさせてそれをグラスなどに盛り付けて一口分を提供します。

いろいろ説はありますが、この形状が花崗岩質土壌(GRANITE グラニット)に似ているため、グラニテと名付けられたとされる説が有力です。

もっとも、現在のフランス料理はコース一本で楽しむよいうよりもアラカルトで前菜とメイン、デザートの三皿構成のこともありますし、この場合は省略されることがほとんどです。

また、コース料理であったとしても省略しても何の問題もありません。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ここからはPRになります。

当サイト「ワインの教科書」は、高品質ワインのオンラインショップ「ワインブックス」を運営しています。

もしあなたが当サイトでワインに興味をもち、「実際に飲んでみたい、手にしてみたい」そう思ったときに覗いてみてください。

きっと素晴らしいワインとの出会いが待っていることを、お約束します。
オンラインショップのご案内



ワインの教科書は、オンラインショップ”ワインブックス”を運営しています。

見ているだけでも楽しめるように、

できるかぎり丁寧なサイト運営を心掛けています。

ぶらっと近所のお店に散歩にいくように、ぜひお立ち寄りください。

ワインブックスへ→